プレマームの正しい使い方を解説

premarm(プレマーム)使い方まとめ

ダイエットによる肉割れや妊娠で体型が変わることでできる妊娠線。

お肌に亀裂のような線が入るのでとても気になりますよね。

「プレマーム」はお肌を保湿しながらしっとりなめらかに整えてくれる肉割れ対策クリームで、全身の乾燥からくるさまざまな肌トラブルをケアしてくれます。

ここではそんなプレマームの使い方について詳しくご紹介していきたいと思います。

プレマームの使い方は?どう塗るの?

プレマームはダイエット中の方や妊娠中の方に人気のボディケア用品で、肉割れや妊娠線の予防、肉割れや妊娠線ができた後のケアにもおすすめです。

オレンジのやさしいフレッシュな香りでリラックスタイムに、妊娠中に使っても安心の成分で作られているので安心して使えます。

自宅でできるセルフケアを始めたい方にぜひおすすめです。

プレマームの塗り方

プレマームは塗り方に決まりがなく、手に取って塗るだけの1ステップケアで使いやすいところが人気のポイント。

1日2回朝、夜にやさしく塗りこむだけの簡単ケアでお肌をしっとりなめらかな感触に整えてくれます。

朝と夜のケアのポイントについてはこのようになっています。

朝の使い方
  1. プレマームを適量手に取り、足、ウエスト周り、腕などにやさしく塗りこみます。
  2. 一度塗った後、もう一度上から2度塗りするとよりしっとりとした仕上がりになるのでおすすめです。
朝ケアのポイント

保湿だけでなく乾燥や衣類の摩擦からお肌を守ってくれます。

夜の使い方
  1. お風呂やシャワーで皮脂やお肌表面の汚れをきれいにして体を温めます。
  2. 体が温まった後、お肌にやさしく塗りこんでいきます。
夜ケアのポイント

睡眠中にも保湿だけでなく乾燥からお肌を守ってくれます。

プレマームの効果的な使い方

プレマームの使い方についてご紹介しましたが、プレマームは「塗るだけ」の簡単ケアが特徴です。

さらにプレマームをより効果的に使う方法についてここでまとめてみました。

プレマームを効果的に使うポイント
  1. 2度塗りするとよりしっとりした仕上がりになる。
  2. 手のひらでお肌をやさしくマッサージしながら塗る。
  3. 1日1回の場合はお風呂上がりの体が温まっているときに使うと効果的。
  4. お風呂上がりの場合はできるだけ早め(3分以内)に使用する。
  5. 定期コースの特典についてくるピーリング石鹸「フルーツの雫」と一緒に使う。

また、マッサージをするときは乾燥に効果的なツボを刺激しながらマッサージするのもおすすめです。

乾燥に効果的なマッサージ:中府(ちゅうふ)のマッサージ

妊娠線の予防、アフターケアの両方におすすめの乾燥に効果的なマッサージに「中府(ちゅうふ)のマッサージ」をご紹介します。

中府(ちゅうふ)は鎖骨の下にあるツボでオイルやクリームでやさしくマッサージすることで全身に水分を行き渡らせる効果があり、乾燥対策に良いといわれています。

また母乳の出を良くするツボでもあるので、授乳中のママにとっては乾燥ケアと母乳を出やすくするマッサージにもなるのでいいですね。

画像引用元:明日にサがつく健康情報サイト「サワイ健康推進課」

プレマームをより効果的に実感するにはマッサージがオススメです♪

マッサージすることでお肌の血行も良くなり、しっかり塗りこむことができます。

また、肉割れが気になる部分にまんべんなく塗り広げられるので、時間があるときは是非優しくマッサージしながらプレマームを塗り込んであげてください♪

より効果を実感するためのワンポイント

妊娠線予防、アフターケアにはお肌の保湿が大切なポイントになります。

オイル、クリームを塗り込むときにやさしくマッサージすると保水力が高まり乾燥に効果的ですが、より保湿力を高めるのに効果的なワンポイントをご紹介します。

手のひらでやさしくマッサージしながら塗り込む

また、手のひらの体温でクリームを温めることでお肌により浸透しやすくなるので、手のひらでやさしくマッサージするようにするとより効果的です。

正しいマッサージ方法、強くもみほぐしたりしてはいけない理由についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

肉割れにマッサージやストレッチマークはNGです
肉割れ(妊娠線)にマッサージやストレッチをすると悪化します!肉割れ(ストレッチマーク)ができた場合、マッサージによるケアは厳禁です。肉割れは皮膚が伸びに耐えられず裂けてしまう現象のため、刺激を与えると悪化する可能性があります。肉割れ時のマッサージの注意点について解説していきます。...

お風呂上がりと就寝前の2回に分けて塗る

使い方でもご紹介したように、2度塗りするとよりしっとりとした仕上がりになるのでおすすめです。

2度塗りする場合はお風呂上がりに2回塗るよりも、お風呂上がりと就寝前に分けて塗ると効果的です。

一度塗った後は時間の経過とともに乾燥していくので、お風呂上がりの後少しお肌になじんだ後にさらにもう一塗りすることでお肌の保湿力をしっかり守ることができます。

入浴時間を20分以内に抑え、入浴温度は38~40度に

長い入浴はお肌の保湿力を高めると思いがちですが実はそうではないのをご存じでしょうか。

長時間の入浴しているとお肌から保湿成分が逃げやすくなり、入浴後さらにお肌の水分が蒸発しやすくなるので避けたいところです。

そのため、入浴時間は20分以内に抑えるようにしましょう。

また入浴するときの温度にも気を付けたいところです。
適温は38~40度で高い温度のお風呂に長時間入ることは避けましょう。

水分が逃げないうちに使う

お風呂上がりは血行が良くなりお肌が柔らかくなるのでプレマームを使うのに良いタイミングですが、お風呂から上がった後の肌は水分がどんどん失われていくので、水分が逃げないうちに使うことが大切です。

お風呂上がりのできるだけ早いタイミングでケアすることが効果的です。

めやすとしては3分以内にケアしておくとお肌の潤いを守ってケアすることができます。

特典のピール石鹸と一緒に使う

また、定期コースの特典でついてくるピール石鹸「フルーツの雫」は2か月に1回届きます。

ピール石鹸(ピーリング石鹸)はお肌の角質をやわらかくし、除去するはたらきがあるのでプレマームと一緒に使うとより効果的です。

ピール石鹸の使い方については後ほどの項目「定期コースの特典:ピール石鹸の使い方」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

化粧水や保湿ローションを使う場合は塗ってすぐにプレマームを使う

プレマームの効果をもっと実感したい、効果的に使いたい、という場合に化粧水や保湿ローションを塗ってから使う方も多いと思いますが、この場合気を付けたいポイントがあります。

化粧水や保湿ローションは使ってすぐは水分が補給されお肌がしっとりとした感触になりますが、何もしないでいるとすぐに水分が蒸発してしまいお肌が逆に乾燥した状態になってしまいます。

化粧水や保湿ローションをつけた後はお肌の水分を守るため、すぐにプレマームでお肌を保護することが大切です。

また、使う化粧水や保湿ローションにはお肌の保湿力を高めるのに効果的なヒアルロン酸やコラーゲンが含まれた化粧水や保湿ローションがおすすめです。

ホットタオルでお肌を温めてより浸透しやすくする

特に気になる部位におすすめの方法がホットタオルでお肌をやわらかくしてからケアする方法です。

ホットタオルでお肌を温めることでお肌がやわらかくなり、スキンケア成分の浸透力がぐんと高まります。

ホットタオルの作り方はお手軽でとても簡単。

水分を含ませたフェイスタオルを電子レンジに入れ、30~60秒ほどあたためるだけで出来上がりです。

温めすぎて熱くなりすぎないように気を付けて、お肌にあててじんわりと温かさを感じる程度でケアしましょう。

温まったお肌からは急激に水分が蒸発していくのでホットタオルをあてた後は時間を置かずにすぐケアを行うようにしましょう。

効果的に使うために気を付けたい注意点

プレマームを効果的に使うポイントについてご紹介しましたが、せっかく使っても効果が感じられない、肌トラブルが悪化したりすることは避けたいですよね。
ここでは効果的に使うために気を付けたいこと、注意したいことをご紹介します。

効果的に使うために気を付けたいこと
  • 無理なく毎日継続することを心がける。
  • お肌を清潔にしてから使用する。
  • 肌に刺激を与えるような使い方は避ける。
  • 肌トラブルが生じたら使用を中止して医師に相談する。
  • キャップ、チューブを清潔にし保管場所に気を付ける。

長く続けるコツは1日1回でも毎日続けること

プレマームは1日2回の使用を推奨していますが、無理に1日2回の使用を続ける必要はないので、まずは毎日継続することを心がけることが長く続けるコツです。

しっかり効果を実感するなら1日2回塗ることを毎日続ける

効果を実感した、という方の声を見てみるとある共通点があることが分かりました。

それは「1日2回を毎日続ける」ということです。

どうしても朝忙しくて時間が取れないときは1日1回、お風呂上がりに塗るだけでも効果を実感しやすいですが、やはり効果を実感したい!どうしても肉割れ・妊娠線を薄くしたい!という方は1日2回塗り込むことを毎日続けているようです。

肉割れ・妊娠線の悩みの程度は個人差がありますが「何とかしたい!」という方はやはり1日2回しっかり塗り込むことを続けることがポイントということなんですね。

せっかく始めるならぜひ1日2回塗りこむことをなるべく毎日続けてぜひ効果を実感してください。

お肌を清潔にし、肌トラブルが生じたらすぐに使用を中止する

使用前には皮脂や汗、メイクやお肌の汚れを落としてお肌を清潔にしてから使用することが大切です。

保湿を優先してお肌に皮脂や汚れが残っている状態だと、吹き出物の原因となり、角質層が暑くなり潤い不足からお肌の新陳代謝(ターンオーバー)に影響が出ることで、お肌の老化が進みやすくなります。

お肌を清潔にしてから使用する、にきび、吹き出物、その他肌トラブルが生じた場合は無理に使用しないようにしましょう。

また、強い力で揉んだりお肌に刺激を与えるようなことは肉割れや妊娠線の症状を悪化させる原因となるため逆効果なので避けましょう。

清潔に管理し、保管場所にも気を付けて変質を防ぐ

使用するときはキャップやチューブを清潔にして雑菌が入らないようにしましょう。

また、保管場所は直射日光が当たる場所、気温の温度差が激しい場所には保管しないようにしましょう。

雑菌が入ったり保管場所によっては成分の変質やお肌に影響を与えることもあり、肌トラブルの元にもなります。

清潔に適切な管理を行い使用することも気を付けたいですね。

1本でどのくらい使える?

プレマームは1本120gで、一般的な使用量で1か月~1か月半で使い切る容量になっています。

1日1回しか使わない方はもう少し長く、1日2回、重ね塗りをする方は1か月前後で使い切ることになるので、1本でどのくらいもつかは個人差があります。

マッサージクリームとして使える

プレマームはマッサージクリームとしても使えます。

お肌の乾燥を避けるためにボディクリームとして使っても、足やお腹周り、二の腕などをやさしくマッサージするときに使うのもいいですね。

肉割れや妊娠線ケアだけでなくボディマッサージのマッサージクリームとしても使えるので、リラックスタイムにぜひおすすめです。

運動不足やストレスはお肌の乾燥のもとに

プレマームの公式サイトでも説明されているように、日ごろの運動不足やストレスはお肌の乾燥の原因となるそうです。

ダイエットや妊娠線ケアに関係なく、お肌を保湿することは忙しい日常生活でも気を付けたいですね。

お風呂上りにマッサージクリームとしてかるくもみほぐしながら塗り込むととても気持ちよく気分もスッキリしますよ。

使うタイミングはいつが良い?

プレマームは1日でどのくらい使うのが効果的なのでしょうか。

ここではプレマームを使うタイミングや回数についてご紹介していきたいと思います。

1日どのくらい使ったら良い?

プレマームは朝、夜の2回使うと効果的です。

適量を手に取りやさしくお肌に塗り込んでいきます。

全身に使えるので、お腹周りや太ももだけでなくふくらはぎ、胸元、二の腕といったお肌の乾燥が気になる部位に塗り込みます。

特に夜はお風呂やシャワー後の体が温まった状態で行うと良いでしょう。

使うタイミングはお風呂の後が効果的

使うタイミングは体が温まってお肌がやわらかくなるお風呂の後が効果的です。

お肌が温まった状態だとお肌が柔らかくなりケアしやすくなるので、朝時間がない方や朝のケアが難しい場合はお風呂上がりの夜のケアだけでもいいですね。

妊娠線の予防ケアではお風呂上がりの夜だけのケアで予防できたという方もたくさんいるので、1日2回が難しい方はお肌が柔らかくなるお風呂上りに行うと良いでしょう。

プレマームは顔に使っても良い?

お肌をしっとり保湿して滑らかな肌触りにしてくれるプレマームはホホバ種子油やコラーゲン、プラセンタエキスといったお肌を整える成分が含まれており、顔に使っても問題ない成分でできています。

顔に使う場合は普段のお手入れの一番最後に仕上げで使います。

プレマームはこのように顔にも使えますが、お顔の皮膚は薄い部分もありデリケートなのでかゆみやかぶれといった肌トラブルを感じたらすぐに使用を中止してください。

敏感肌でも使える?

プレマームは敏感肌の方でも使える7つのフリー処方となっています。

  1. 合成着色料フリー
  2. 合成香料フリー
  3. アルコールフリー
  4. 鉱物油フリー
  5. 紫外線吸収剤フリー
  6. キレート剤フリー
  7. サルフェートフリー

お肌の刺激となりやすい成分を極力使わずに、敏感肌の方でも安心して使える成分だけが使われているので、お肌がかぶれやすい方や敏感肌の方でも安心して使えるんですね。

気になる方は医師に相談してから

敏感肌の方でも安心して使える成分だけを使っているプレマームですが、すべての方にお肌の異常が起こらないとは断言できません。

そのため、すでに敏感肌で皮膚科に通っている方や、市販の化粧品でかぶれやすい、かゆみが出るといった気になる症状が出やすい方は医師に相談してから使うことをおすすめします。

パッチテストをしてから使う

また、医師に相談するほどでもないけど自分は大丈夫なのか確認したい場合はパッチテストをしてから使うことをおすすめします。

お肌の目立たない部分にクリームを塗り、しばらく経ってお肌に異常がなければ使用できます。

しかし、紫外線やその他の肌への刺激によって肌トラブルが起こることもあるので気になる方は少量から始め、様子をみながら使用してくださいね。

お肌に異常が出たらすぐに使用を中止し、皮膚科を受診してください。

プレマームは全身の肌ケアに嬉しい美容成分がたっぷり!

プレマームはただ保湿するだけでなく全身の肌ケアに嬉しい美容成分がたっぷり含まれています。

美容成分の量は全体の97.8%で1本(120g)にホホバ種子油、プラセンタエキス、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸といった美容成分がたっぷり含まれているんですね。

肌触り、くすみ、ハリ不足、カサカサ乾燥対策にお悩みの方にとても人気があり、しっとりとしたなめらかなお肌に導いてくれます。

ピール石鹸「フルーツの雫」と一緒に使うとより効果的

プレマームの効果的な使い方でも少し触れましたが、プレマームの定期コースの特典でついてくるピール石鹸「フルーツの雫」は、お肌の角質を柔らかくし除去してくれる働きがあるため、プレマームの保湿成分や美容成分がより浸透しやすくなるので効果的です。

ピール石鹸「フルーツの雫」は2か月に1回、奇数月に届きます。

ピール石鹸には保湿力を高める、くすみの解消といった働きがあるのでぜひ、プレマームとフルーツの雫を一緒に使ってケアしたいですね。

定期コースの特典:ピール石鹸の使い方

ピール石鹸の使用頻度は週2~3回の使用がめやすとなっています。

使い方は普通の洗顔フォームと同様に、手のひらや泡立てネットでしっかり泡立ててくすみが気になるひじ、ひざなどをやさしく洗います。

その後はしっかり洗い流します。

週に2~3回をめやすにお風呂やシャワーの時に角質やくすみが気になるところに使い、そのあとはプレマームでいつものお手入れをすればOKです。

使い方も簡単で自宅でお肌のくすみや角質ケアを手軽にできるのは嬉しいですね。

プレマームの正しい使い方まとめ

お肌を保湿してしっとりなめらかな肌触りに仕上げてくれるプレマームの使い方についてご紹介してきましたが、肉割れや妊娠線予防、アフターケアにも使うことができるのは嬉しいですよね。

ここではプレマームの使い方のポイントをまとめてみたいと思います。

  1. 朝、夜1日2回気になる部位にやさしく塗り込む
  2. お風呂上りに1日1回でもOK
  3. 重ね塗り(2度塗り)するとより効果的
  4. 1本で1か月~1か月半の使用量
  5. 全身に使えて顔にも使える
  6. 顔に使う場合はお手入れの一番最後に使う
  7. 敏感肌でもOK
  8. 肉割れ、妊娠線予防、アフターケアとしてもOK
  9. 定期コースのプレゼント特典の「フルーツの雫」と一緒に使うとより効果的
  10. チューブ、キャップは清潔にし、適切な保管場所で管理し変質を防ぐ

プレマームは全身に使えるのでマッサージクリームとして使うこともできます。

肉割れや妊娠線ケアではお肌の保湿がとても大切です。

肌の乾燥は肉割れや妊娠線につながりやすいといわれているため、肉割れや妊娠線ケアにはお肌をしっかり保湿してあげることを意識したいですね。

関連記事:プレマームの評判と口コミを調べました