プレマームにデメリットはある?副作用は?全成分(原材料)から徹底解析してみました。

premarm(プレマーム)副作用まとめ

すごく人気で話題のプレマーム。

徹底的に調べましたが、副作用はありませんでした

プレマームの全成分(原材料)一覧からチェック

▼全成分&原材料 一覧▼

水,グリセリン,BG,スクワラン,ペンチレングリコール,ホホバ種子油,(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10,カルボマー,ジメチコン,ステアリン酸ポリグリセリル-10,ミツロウ,ポリソルベート60,水酸化K,水添レシチン,キサンタンガム,トコフェロール,オリーブ果実油,アーモンド油,ブドウ種子油,ヒアルロン酸Na,セチルヒドロキシエチルセルロース,アルカリゲネス産生多糖体,ルチン,アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン,アセチルヒアルロン酸Na,アラントイン,グリチルリチン酸2K,ユビキノン,加水分解ヒアルロン酸,加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12ー13)グリセリル,3-O-エチルアスコルビン酸,アロエベラ液汁-1,乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液,パルミチン酸レチノール,プラセンタエキス,コーン油,加水分解コラーゲン,パルミトイルテトラペプチド-7,パルミトイルトリペプチド-1,PVP,プルーン分解物,ヘスペリジンメチルカルコン,加水分解コメヌカエキス,ステアレス-20,ヒアルロン酸クロスポリマーNa,チャ葉エキス,1,2-ヘキサンジオール,バチルス/(ダイズ/葉酸)発酵エキス,ライマメ種子エキス,加水分解エラスチン,カミツレ花エキス,アルゲエキス,アルテア根エキス,トウキンセンカ花エキス,ゴレンシ葉エキス,ヒメフウロエキス,水溶性コラーゲン,クエン酸,キュウリ果実エキス,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),ジペプチド-2,スフィンゴモナスエキス,アーチチョーク葉エキス,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,セラミド3,オリゴペプチド-24,フラーレン,オレンジ油,ビターオレンジ花油,フェノキシエタノール

これらの成分に副作用や健康被害の報告はありませんでした。

主な成分の働き、副作用について

この成分って聞いたことがないけどどんな成分?副作用は本当にないの?ということが気になることもあります。

ここでは主な成分から成分の働き、副作用についてご紹介します。

レジストリルってどんな成分?副作用は?

妊娠線に効果的な成分としてフランスで開発された成分で、肉割れを目立たなくするお肌のコラーゲンの配置を正常化する働きがあります。

お肌の組成に必要なコラーゲンの配置を正常化する働きがあることから、肉割れケア、妊娠線ケアアイテムに使われている成分です。

お肌に使用しても副作用の報告はなく安全性の高い成分といわれています。

シラノール誘導体ってどんな成分?副作用は?

お肌のダメージを修復する働きのある成分で、肉割れによってできたお肌の凹凸を薄くする働きがあります。

皮膚の凹凸が目立ちやすい肉割れケアに必要な成分になります。

お肌に使用しても副作用の報告はなく安全性の高い成分といわれています。

フラーレンってどんな成分?副作用は?

お肌の老化の原因となる活性酸素を抑える働きがある成分といわれています。

活性酸素を抑えるだけでなく、お肌のターンオーバーに合わせて角質層と一緒に排出してくれる働きがあるので、お肌を滑らかに美しく保つ働きがあります。

肉割れはお肌の凹凸が目立ちやすいですがお肌を滑らかに整えてくれる成分なのでとても役立つ成分ということなんですね。

お肌に使用しても副作用の報告はなく安全性の高い成分といわれています。

プラセンタエキスってどんな成分?副作用は?

プラセンタは別名:胎盤抽出物と呼ばれている成分で、体の組成に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラル、酵素などが含まれているといわれている成分です。

お肌の組成だけでなく美白効果ももたらすプラセンタエキスは多くの美容化粧品、メイクアップ用品、サプリメントなどに使われている成分です。

お肌に使用しても副作用の報告はなく安全性の高い成分といわれています。

スクワランってどんな成分?副作用は?

天然のオイル成分でお肌を乾燥や紫外線の刺激から守ってくれる働きがある成分です。

肌なじみがよく毛穴を詰まらせにくい成分なので、お肌にやさしい天然の保湿成分として多くの化粧品に使われています。

お肌に使用しても副作用の報告はなく安全性の高い成分といわれています。

パルミチン酸レチノールってどんな成分?副作用は?

お肌の張りや弾力を維持する成分でコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

美容液やクリームといった粘性のスキンケア用品が使われることが多く刺激が少ないことから多くのスキンケア用品に使われています。

お肌に使用しても副作用の報告はなく安全性の高い成分といわれています。

一見見慣れないこの成分は何?と思っても、どんな成分なのか?お肌に効果的な成分や副作用の少ない成分が含まれていることが分かると安心して使えます。

プレマームは妊娠中の方でも安心して使える成分でできているので、副作用も少なく安全性の高い商品ということが大きなポイントです。

プレマーム成分の特徴

プレマームはお肌にやさしく美肌に効果的な成分でできているのがおすすめしたいポイントですが、成分についてはこのような特徴があります。

プレマームの成分の特徴
  • 7つのフリー(※)で敏感肌にもやさしい成分でできている。
  • ヒアルロン酸やコラーゲンなど美容成分がたっぷり97.8%含まれている。
  • 妊娠中でも使える保湿成分で作られているので妊婦さんも安心して使える。
  • 全身・顔にも使える成分でできているので仕上げの保湿クリームとして使える。
  • たっぷりの保湿成分が含まれつつ、伸びの良いさっぱりとした使用感になっている。
  • 原料・資材から厳しく徹底した品質管理が行われているので安心して使える。

※7つのフリー
合成着色料、合成香料、エタノール、鉱物油、紫外線吸収剤、キレート剤、サルフェート

プレマームに使われている成分は全身、顔にも使える成分ですが、顔に使う場合はお肌に合わないこともあるので、まずは少量から始め、お肌に異常がないか確かめてから使用することをおすすめします。

プレマームに副作用が少ない理由

プレマームは副作用が少ないという点が1つのポイントですが、副作用が起こりにくい理由はどういったものなのでしょうか。

ここではプレマームに副作用が少ない理由について見ていきたいと思います。

お肌にやさしい成分と使い心地を徹底追及しているから

プレマームはお肌のやさしさ、使い心地に徹底的にこだわり、何百回もの試作を経て作られた肉割れ・妊娠線ケアクリームです。

お肌に嬉しい美容成分を含んでいるだけでなく、お肌にやさしい成分か?使い心地はどうか?など細部にこだわって作られているので肌荒れ・肌トラブルが少ないんですね。

無添加、国内生産で安全性の高いプレマーム

プレマームは7つの無添加、さらに安心の国内生産なので品質、安全性ともにとても高い品質を保っています。

敏感肌の方でも使いやすい無添加、管理が行き届いた国内生産という点も高い安全性が副作用が少ない理由の1つとなっています。

柑橘系のオレンジの香りで妊娠中も使いやすい

妊娠中は香りに敏感になりやすい時期ですが、プレマームはオレンジのスッキリとした香りが特徴です。

つわりの時期にプレマームを使って気分がリフレッシュできた、使いやすかった、と評判が高いのも柑橘系の爽やかな香りで気分をスッキリさせてくれるからなんですね。

副作用の少ないプレマーム、考えられる副作用は?

プレマームはお肌にやさしい植物成分が含まれていますが、植物成分を含んでいるスキンケア用品では、人によっては肌トラブルを起こすこともあります。

プレマームに含まれている主な植物成分には、このような成分が含まれています。

プレマームの主な植物成分

ホホバ種子油、オリーブ果実油、アーモンド油、ブドウ種子油、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、トウキンセンカ花エキス、ゴレンシ葉エキス、ヒメフウロエキス、アーチチョーク葉エキス、オレンジ油、ビターオレンジ花油 など

植物成分はお肌にやさしく敏感肌の方ですが、体質によってはお肌に合わないこともあるので、初めて使うときはお肌の状態を見て使うようにしましょう。

プレマームは国内工場生産で高品質、こだわり成分でできている

プレマームは国内工場生産で原料から梱包まで工程ごとに厳しい管理体制があり、製造工程ごとに厳しい検査項目が行われています。

検査項目のチェックをクリアしたものだけが製品となり販売されています。

世界でも高品質、安全性の高いことで有名な国内工場生産という点もより安心感があるので初めての方でも安心して使うことができますね。

成分から製造までこだわった厳しい品質管理で作られているプレマーム

プレマームは先ほどの特徴にあるように、ヒアルロン酸やコラーゲンなど美容成分がたっぷり97.8%も含まれており、原料から使用する資材にも厳しい品質管理が行われています。

美肌のためのこだわりの成分でできているだけでなく、厳しい品質管理のもと、敏感肌、妊娠中の方でも安心して使える成分で作られているので安心して使えますね。

お肌のためのこだわりの成分と高い安全性を目指した品質管理があることから、肌トラブルや副作用といった報告も見当たらないということが言えます。

他の製品が合わなかった方にも選ばれるプレマーム

実際にプレマームの副作用や肌トラブルに関する悪い口コミがほとんどありませんでしたが、理由はここにあるのかもしれませんね。

他のケアアイテムを使っていたけどプレマームに変えてからお肌の調子が良くなった、という口コミが多いのも納得!という感じですね。

プレマームはこういった品質面、安全面から敏感肌、妊娠中、ダイエット中など多くの方に安心してお使いいただけます。

プレマームは国内工場生産という点はもちろん、厳しい品質管理で安心して使える製品が作られている点もおすすめしたいポイントです。

成分、副作用についてコンシェルジュが相談に乗ってくれる

プレマームは品質面からみても高い安全性があり、敏感肌、妊娠中の方でも安心して使えるところが魅力ですが、使用中に成分で気になること、副作用について気になることなどを相談できたら・・・という方のためにコンシェルジュサポートがあります。

アレルギーや敏感肌で医師を受診している方、使用中に気になることや確認しておきたいことがある場合はコンシェルジュに相談しながら使えるので安心です。

人に聞けない美容に関する悩みや気になる成分がある場合など、気になることは一度相談してから使うことをおすすめします。

特典でついてくるピール石鹸は刺激にならない?

プレマームの定期コースは特典で2か月に1回、奇数月にピール石鹸のプレゼントがあります。

ピール石鹸というのはいわゆるピーリング石鹸のことで、お肌の角質を柔らかくし除去する働きがあります。

ピーリング石鹸を自宅で使っても大丈夫?お肌に刺激はないの?

ピーリングというと「やりすぎたらお肌に刺激があるのでは?」と気になるかもしれませんが、フルーツ果汁をたっぷり含んだ自然由来のAHA(フルーツ酸)という成分からできているので、お肌に刺激を与えにくく、自宅でも手軽にピーリングケアができるんです。

そもそもAHAとは?

AHAはフルーツ酸のことで、お肌のくすみや保湿力に関わる「角質ケア」に効果的な成分といわれています。

AHAは「アルファヒドロキシ酸」という成分の略称で、お肌の角質を柔らかくし、除去する働きがあり、角質ケアに働きかけることから主にピーリング石鹸や化粧水、スキンケア用品などに使われています。

アルファヒドロキシ酸(AHA)はクエン酸、リンゴ酸などたくさんの種類がありますが、主にフルーツに含まれていることから「フルーツ酸」と呼ばれています。

AHAは保湿力のアップ、毛穴の汚れやくすみの除去にも効果的な成分なので、プレマームと一緒に使うことでよりお肌のツルツル感、弾力を感じやすくなります。

ピーリング石鹸で考えられる副作用は?

ピーリング石鹸はAHAというお肌にやさしく働く成分でできていますが、お肌の角質を除去するという働きから、お肌の状態や肌質によってはお肌に異常を感じることもあります。お肌の状態を見て使うようにしましょう。

ピリピリ感を感じることがある

ピーリング石鹸はお肌の角質をはがす働きがあるので、使った後ピリピリ感を感じることもあります。

このような症状が現れたら医師に相談しましょう。

  • ピリピリ感が長く続いたり痛みが激しくなる場合
  • 赤み、はれ、かゆみ、刺激などの異常を感じた場合
  • 目に入ってきれいに洗っても違和感が残る場合

お肌に合わない場合は使用を中止してください。

長時間の放置はしない

使うときはお肌につけた状態で長時間放置するとお肌の刺激となり、乾燥のもとになることもあるため、使った後はすぐにきれいに洗い流しましょう。

乾燥肌の方は刺激になりやすいので週2~3回から始める

乾燥肌の方はピーリング石鹸がお肌の刺激になる場合もあります。
まず1週間に2~3回から始め、少しずつ使用頻度を増やしていくと良いでしょう。

まとめ

プレマームにはお肌の刺激になりやすい成分は含まれていないため、副作用や健康被害はありませんでした

敏感肌の方でも安心して使える7つのフリー成分でできているので、副作用が起こりにくく敏感肌の方もたくさん愛用しています。

10年以上の時間をかけて開発され作られたプレマームならではの安全性の高い成分配合となっているので安心して使うことができますね。

 

ケース毎に副作用がないか?も調べました。

ケース別に副作用を調べました

「こんな私でも安心して使えるの??」

そんな疑問が解決できるようにケース毎にプレマームに副作用がないのか?を調べました。

結論、プレマームはどんな人でも副作用なく使用できることが分かりました。

妊娠中の妊婦さんもOK

プレマームは妊娠線ケアにも安心して使える成分でできているので、妊婦さんでももちろん使うことができます。

ホホバ種子油、発酵セイヨウナシ果汁などの植物由来の成分でできているので、妊婦さんでも安心して使うことができます。

また、プルプル滑らかな肌作りに役立つプラセンタエキス、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸といった美容成分がたっぷり含まれているので、妊娠線ケアとスキンケアの両方を1本で行うことができるのも嬉しいですね。

匂いに敏感な時期は体調を見ながら使う

妊娠中はつわりの時期以外でも匂いに敏感になったり体調に変化が起きやすい時期なので、体調をみながら使うようにしましょう。

気分の良いとき、体調の良いときをみて使うようにしてくださいね。

学生や10代でもOK

肉割れは学生や10代の方に多いことが分かっています。

10代で肉割れができるのは男女ともによくあることで主な原因については、

  • 部活動で運動量が増え筋肉量が急激に増加した。
  • 成長期で身長が急に伸びた。

といったことで皮膚が引き延ばされ肉割れになることもあります。

肉割れはお肌の乾燥が関わっているので、保湿することが肉割れケアのポイントになります。

敏感肌でも安心して使えるお肌の刺激になりやすい成分が含まれていないので、10代の方でも安心して使えるところがいいですね。

プレマームは学生や10代の部活動を始めた方や成長期にできる肉割れの予防やアフターケアを始めたい方におすすめです。

 

男性でもOK

肉割れは男性にもできることがあるので、肉割れケアにプレマームを使うのもおすすめです。

実は男性で肉割れに悩む方はとても多く、見た目が妊娠線のように見えるので、特に10代の学生では周りの目を気にしてしまうこともよくあります。

また、男性でなかなか手軽に購入できる肉割れケア用の保湿クリームがない、と悩む方はとても多く、ネット販売で購入できるプレマームは男性でも購入しやすいのがいいですね。

男性の肉割れに多い原因は大きく分けて2つあり、

  • 太りすぎ
  • 筋肉量が急激に増えた

といったことで肉割れする方が多いです。

いずれのケースでも肉割れができた後に気づくことが多いですが、プレマームはアフターケアにも使えるのでいいですね。

男性も乾燥や敏感肌に悩む方は多い

男性はお肌が丈夫なイメージがありますが、敏感肌や乾燥肌に悩む方も多いです。

プレマームはお肌の刺激になりやすい成分を含んでいないので、敏感肌の方も安心して使うことができます。

肉割れケアではお肌の乾燥が関係しているといわれているので、乾燥肌の方は肉割れになりやすい傾向も。

男性もお肌の保湿のために、肉割れ予防やアフターケアにぜひ使うことをおすすめします。

まとめ

プレマームは妊婦さんはもちろん、10代の学生さんや女性だけでなく男性も使うことができます。

肉割れや妊娠線ケアの保湿クリームというと妊婦さんだけが使うと思いがちですが、そんなことはないんですね。

10代の男性、女性でも肉割れができることはありますし、成人男性でも太りすぎや筋トレなどで肉割れができることがあります。

プレマームはお肌の刺激になりやすい成分を含んでいないので敏感肌や乾燥肌の方、年齢・性別問わず使えるところもいいですね。

肉割れ、妊娠線ケアを始めたい方はぜひ試してみてくださいね。

関連記事:プレマームの評判と口コミを調べました