年齢による肉割れはあります!!10代は特に肉割れになりやすいので注意

年齢の肉割れの例

「部活を始めたら、赤い線が…。」
「高校生になったら急に肉割れ…?」

年齢が原因の肉割れ。数年前は美容クリニックでの治療がメインで、約30万円ほどでケアをしていました…。

しかし、肉割れ専門クリームなら10分の1の値段でケアが可能です!

まずは年齢で肉割れができる理由を見てみましょう♪

年齢が肉割れになる理由

年齢で肉割れになる場合、以下の理由であることが多いです。

年齢で肉割れになる2つの理由
  1. 成長期によって、急激に体が大きくなった
  2. 部活などにより、急激に筋肉がついた。

なぜ、体が大きくなる&筋肉がつくことで肉割れになるのでしょうか?その原因を見ていきます。

肉割れは、皮膚が裂けてしまう現象

肉割れができる仕組み

肉割れは「体積が増えて皮膚がひっぱられる」→「柔軟性が低い真皮(しんぴ)が耐えきれず裂けてしまう」という現象です。

体が大きくなる&筋肉がつくことで体が大きくなり、皮膚が裂けてしまうのが年齢の肉割れです。

肉割れは、自然に治らない

肉割れはターンオーバーでは治らない

切り傷などであれば、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーによって自然に治癒します。

しかし、真皮はターンオーバーがないので、非常に治りにくいんです…。

肉割れは「コラーゲンの生成」が重要

真皮(しんぴ)は70%がコラーゲンで出来ています。

つまり、真皮のキズである肉割れにはコラーゲンの生成が重要です。

コラーゲンを生成する代表的な成分
  • ビタミンC誘導体
  • FGF様成分

実はこの両方の成分が入った肉割れケア専用の商品があります。

年齢による肉割れにオススメのクリーム:NOCOR

肉割れ予防&ケアで日本で1番有名な商品がNOCOR(ノコア)です。

NOCORにはオイルクリームの2種類の商品があります。

オイルには「ビタミンC誘導体」が入っており、クリームには「FGF様成分」が入っています。

現在、NOCORは特定のページからクリームを購入するとオイルが無料でついてきます。

Amazonや楽天で購入するよりも公式のほうが数千円安く購入できます。

↓↓無料でオイルがついてくる購入ページ↓↓

※NOCORは当サイトの肉割れ専用クリームのおすすめランキングでも1位を獲得しています。

NOCORを使用して肉割れケアを行い、使い始めから1ヶ月程度は激しい部活や運動は控えましょう。ただし、ジョギングなどの軽い運動をしても問題ありません。

 

ここからは年齢の肉割れについて、より詳しい解説していきます。

さらに詳しい「年齢」の肉割れの話

年齢と肉割れの関係性についてまとめました

気づいたらできている肉割れ。それは年齢が原因の肉割れかもしれません。

肉割れは一般的には太った時や妊娠したときに起きやすいです。しかし、年齢による成長が原因でおきる肉割れもあるんです。

ここでは年齢別の肉割れの原因、年齢別のケア対策についてご紹介します。

年齢別の肉割れについて…

年齢別の原因

年齢別の対策

年齢別に肉割れができる原因

年齢による肉割れは体の急激な成長が主な原因です。また、幼児に肉割れはできにくいのです。

10代で肉割れができる原因

年齢で見て10代で肉割れができる原因についてここで見ていきたいと思います。

中学生(13歳頃)で肉割れができる原因

中学生で肉割れができて気になるという方も多いでしょう。

プールの授業や修学旅行など、太ももやお腹周りなど肉割れができている部分を見られる場面もあり、思春期の頃にはとても悩みますよね。

中学生で肉割れができる原因には、

  • 急激に太った、体重が増加した。
  • 運動や部活動で筋肉がついた。
  • 身長が伸びることで背中に肉割れができた。

といった理由で肉割れができることが多いです。

成長期は体型が変わりやすい時期でもあり、部活動で運動量が増えることで筋肉量が増え、皮膚表面が追い付かず肉割れを起こしてしまうこともあるんですね。

13~14歳頃に気づくことが多く、実際にはこういった悩みを持っている方がいます。

知恵袋のお悩み

中2女子です。去年の末頃から、両太ももに肉割れができてしまいました。
激しい運動のためと思われます..
私の学校では水泳の授業が始まったですが、水着を着ると、肉割れが見えてしまい、まわりの目が気になります..
何か肉割れを目立たなくするような方法はないでしょうか?(>_<)

部活動や習い事など運動量が急激に増えたことで気づいたら肉割れができていた、周りに見られるのが恥ずかしい、というお悩みを持っているようですね。

このように13~14歳頃の中学生で肉割れに悩んでいる方はたくさんいます。

19歳頃に肉割れができる原因

10代(19歳頃)で肉割れに悩む方も多いですが、19歳頃で肉割れができるケースにはこういったことがあります。

  • 中学生頃にできていた肉割れが気になりだした。
  • 成長期が終わり体型が細くなったことで肉割れに気づいた。
  • 18歳頃まで運動していたけどやめてから体重が急激に増えた。

この中でも3つ目の「運動していたけどやめてから体重が増えた」ということが大きな原因となっているようです。

実際にはこういった悩みを持っている方がいます。

教えて!gooのお悩み

去年まで運動をしていて体型も普通の人より筋肉でしまっていました。
しかし部活を辞め1年が経ち、食べる量は特に増えていませんが徐々に太り気づいたら現役時代より10kgも増えてしまいました。
一ヶ月ほど前から肉割れが出てきて
両太もも、お尻、胸にまで肉割れがでてきてしまいました。
肉割れについていろいろ調べて赤いけれど白くなると書いてありましたが一ヶ月以上経過したのにも関わらず痕が白くならず赤いままです。

19歳頃というと、高校卒業後、進学や就職などで運動量が急激に減ることで体重が増え、肉割れができてしまったという経験をしている方がたくさんいるんですね。

また、成長期が終わりを迎え変化しやすい体型が落ち着いてきたころに気づくことも多く、中学生ごろにあったものが19歳頃になって気になるようになってきたという方もいます。

19歳頃になると行動範囲が広くなり、出会いの場も増えることから、思春期とはまた違う形で肉割れが気になる方が多いんですね。

まとめ:10台は成長期なので肉割れができやすい

10代の中学生(13歳頃)、高校卒業後(19歳頃)の肉割れの原因、悩みについてみてきましたが、10代は成長期ということもあり肉割れができやすい時期であることが分かります。

脂肪が付きだし体重が急激に増えたり、部活動などで運動量が増え急激に筋肉量が増加することで皮膚表面が成長に追い付かず肉割れを起こしてしまうことがあるんですね。

このように太ったり筋肉がついたり、皮膚表面に急激な変化があると皮膚の下にある真皮層にヒビが入り肉割れが起きます。

気づくととても気になりますが、肉割れ専用クリームを塗ることで改善することもあります。特に10代は皮膚の生まれ変わりが活発なので、気になりだしたらできるだけ早めにケアをすることをおすすめします。

幼児の場合は肉割れでないことが多い

10代(中学生・高校生)くらいで肉割れができる原因についてみてきましたが、10代よりも若い幼児はどうでしょうか。

ここでは幼児の肉割れについて見ていきたいと思います。

幼児は皮膚の乾燥によるひび割れが多い

幼児で肉割れができるかについて調べてみましたが、肉割れというより乾燥による皮膚表面のひび割れが多いようです。

寒い時期の肌の乾燥

特に赤ちゃんは冬の寒い時期に肌が乾燥し、特に皮膚の薄い頬がカサカサになってヒビ割れのような状態になってしまうこともあるので、その場合は皮膚科で保湿剤を処方してもらうと良いでしょう。

離乳食が口周りにつくことによる乾燥

離乳食が始まると食べるときにお口の周りについた離乳食などが原因でかぶれを起こすことがあります。
離乳食がついた状態になると乾くときにお肌の水分も一緒に蒸発してしまうことでお肌が乾燥しやすくなります。

赤みのあるかぶれと同時に皮膚が割れたような状態になることもあるので、これを肉割れ?と思う方も多いようですがこれは肉割れではなく皮膚疾患になります。

幼児で肉割れができにくい理由は?

乳児期~幼児期は成長が著しく、体重も体型も大きく変化するのになぜ肉割れができないのでしょうか。

乳幼児期の皮膚に関する疑問

ウチの4ヶ月の赤ちゃんはとってもポッチャリしています。
ふと思ったのですが、赤ちゃんにはどうして脂肪のボコボコや肉割れが現れないのでしょうか?

確かに、赤ちゃんは生まれてから2か月、3ヶ月・・・と成長していくにつれて体重がどんどん増え、ぽっちゃりとした体型に変わっていきますね。

「子どもは肉割れができないのはなぜ?」と疑問に感じる方も多いようです。

乳幼児の皮膚は水分量、弾力性に富んでいる

乳児期~幼児期は10代に比べるとより急激に成長する時期です。

元々乳幼児の皮膚は水分量も多く弾力性があるため、急激な体重の増加にもある程度適応できると考えられています。

一方で、体重の増加が平均以上でより急激に増えたりすると肉割れができることもあるので、幼児期でもこういった場合は肉割れができることもあるようです。

幼児で肉割れに悩むケース

幼児で肉割れができることは少ないようですが、ごくまれに体の成長が早くて体重の増加によって大人のように肉割れができることもあるようです。

知恵袋のお悩み

10ヶ月の乳児の皮膚についてご相談します。

平均より大きく成長しており、現在11kg弱あります。
産まれた時は皮膚に異常はなかったのですが、3ヶ月を過ぎた辺りから、手の甲・膝・腿・足の甲などに肉割れのような状態があります。丁寧に触ると段差があるように感じられます。(いわゆる大人が急激に成長したときのような成長線?のようなものです)男の子なのですが、色白の為少し気になっています。

同様の経験をしたことがある方には「1歳の頃に体重が14kgあった」という方もおり、こちらのお悩みのお子さんと同じくらいの体重があったそうです。

肉割れができるかは個人差があるので、成長が早いと肉割れができるというわけではありませんが、体重の増加が平均以上で著しい場合、幼児で肉割れができることもあるんですね。

肉割れのような状態になっている、手で触るとデコボコしている、といった気になる症状がある場合は小児科、もしくは皮膚科に相談してみると良いでしょう。

年齢でできる肉割れのケア方法

肉割れは年齢に関わらずできることがありますが、肉割れを予防したい、できた肉割れを何とかケアしたいとお悩みの方にとっては肉割れのケア方法が気になりますよね。

特に子どもや10代の成長期は本人も気になりますが、肉割れの見た目から家族が心配することも多いです。

一般的に肉割れを消せる方法には大きく分けて2つあります。

肉割れを消す方法
  1. 肉割れ専用クリームを塗る方法(費用:1~3万円)
  2. 美容外科、皮膚科で治療を受ける方法(費用:30万円前後)

こういったことに加えて、年齢によってできる肉割れのケア方法についてここからみていきたいと思います。

乳児期の肉割れは皮膚の炎症・乾燥トラブルの場合も?まずは医師に相談する

乳児期で「肉割れ?」と気になることもあるようですが、大半は乳児期特有の乾燥や炎症による皮膚のひび割れであることが多いようです。

生後2か月までは乳児湿疹、生後3か月以降は乾燥に注意

生後2か月までは「乳児湿疹」と呼ばれる皮脂の分泌による湿疹ができることがあり、かさぶたのようなもの、フケのようなものが現れることがあります。

これはお腹にいるときに受け継いだママの女性ホルモンが皮脂の分泌を促しているといわれていますが、生後2か月を過ぎるとだんだんと落ち着いてきます。

生後3か月を過ぎると、皮脂の分泌が減少し肌が乾燥しやすくなるため、口の周りや皮膚の薄い部分が乾燥しやすく、ミルクや離乳食が口の周りについたり、首周りの皮膚の薄い部分が乾燥しひび割れや湿疹となりやすいです。

これが肉割れのように見えることもあるため、「肉割れができた?」と気になる方も多いようですね。

腕や足のしわの間に湿疹ができた、これは肉割れ?

また、赤ちゃんの腕や足は成長に伴ってムチムチと関節にしわができることがありますが、このしわのお肉とお肉の間に皮脂や汗がたまることで毛穴がふさがり、湿疹ができやすくなります。

赤みのある湿疹ができることがありますが、これは肉割れではなく湿疹の可能性が高いです。

肉割れか皮膚トラブルかは小児科、皮膚科で診断してもらう

乳児期特有の乾燥や炎症の場合は保湿だけでは症状が緩和されないこともあるため、適切な処置を行うことが大切です。

見た目がジュクジュクしている、乾燥してザラザラ、デコボコしているといった場合は皮膚の炎症や乾燥でひび割れしていることが考えられるので、小児科の医師に診てもらうようにしましょう。

乳児期で肉割れになることも保湿ケアで予防すること

乳児期でできる肉割れの例はあまり多くはないようですが、赤ちゃんによっては成長が著しい場合、体重がぐんぐん増え、体が急に大きくなることで1歳くらいで肉割れができたということもあります。

乳児期は皮膚の薄い部分が乾燥しやすく、肌の乾燥に気を付けている、保湿ケアをしているという方も多いと思いますが、大人と同じように急激な成長に皮膚が追い付かず皮膚の内部組織が割れてしまい肉割れとなってしまうことがあるんですね。

特に平均体重よりも大きい赤ちゃんや体が大きい赤ちゃんは体全体の保湿ケアに気を付けたほうが良いでしょう。

また、皮膚がデコボコしている、血管のような割れ目や亀裂が見える、といった気になることがある場合は小児科を受診し相談することをおすすめします。

10代は中学生、高校生になると部活動、自転車通学が始まるので肉割れケアを始める

10代で肉割れができやすいケースでは、部活動や自転車通学が始まることで筋肉量が増加する、成長期による体の変化、といったことで起こる肉割れです。

肉割れというと妊婦さんや太っている人にできるというイメージが強いため、太っていなくても10代でできる、筋肉がつくことでできるということはあまり知られていません。

そのため、肉割れに気づいてから太っていなくても10代でもできることがあるということを知ることが多いようですね。

10代は太っていなくても筋肉の増加による肉割れ対策が必要

10代で肉割れを予防するなら、中学生ごろの部活動が始まる頃、自転車通学が始まる頃、身長が伸び始めた小学校高学年頃から保湿ケアをすることが大切です。

皮膚が乾燥していると皮膚の伸縮性が弱くなり、肉割れができやすい状態になります。

10代で肉割れをケアするなら、まずは保湿ケア、肉割れができた後でも専用クリームで肉割れを薄く目立たなくすることが可能なので、できるだけ早めにケアを始めましょう。

成人でできる肉割れは筋肉量の増加、肥満、妊娠線など、保湿ケアがケアのポイント

成人期でできる肉割れには、体重の増加、肥満、筋肉の増加、といった乳児期、幼児期、10代とほとんど変わらないことが主な原因ですが、妊娠中の女性は妊娠線と呼ばれる肉割れができることがあります。

妊娠線と肉割れって違うもの?と思う方も多いかもしれませんが、妊娠線も肉割れもできるメカニズムは同じなので、できる理由は異なりますが症状としては同じものになります。

成人期の肉割れを薄くするなら早めのケアが大切

成人期で肉割れができた場合、できて間もない赤い~紫色の肉割れは薄く目立たなくしやすいですが、時間が経過した白っぽい肉割れの場合は薄くするのに時間がかかりやすいため、できるだけ早めに肉割れケアを始めることをおすすめします。

肉割れ、妊娠線ともにお肌の乾燥に気を付けて保湿ケアを行い、お肌を柔らかく保つことがケアのポイントです。

おすすめの肉割れケア専用クリームについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

肉割れ・妊娠線を消すクリーム!おすすめをランキング形式でご紹介♪肉割れ(ストレッチマーク)はクリームによるケアが主流です。また、妊娠線の予防の面でも非常に人気があります。そんな肉割れクリームのおすすめをランキング形式でご紹介していきます。市販によるニベアクリームも解説もあります。...

 

肉割れの原因Q&A

ここでは肉割れができる原因についてよくある疑問をまとめてみました。

若い時にできた肉割れは年齢を重ねると消えにくい?

10代ごろの若い年齢であれば皮膚の生まれ変わりが活発なので、できた肉割れを薄くすることも可能ですが、年齢を重ねると10代に比べ皮膚の水分量が減り弾力が衰えることで消えにくくなることもあります。

ですが、時間が経った肉割れでも肉割れ専用クリームを使えばケアすることは十分可能なので、肉割れをケアしたい方は気づいてからできるだけ早めにケアを始めることをおすすめします。

 

肉割れの基本的な知識などを知りたければ下記でまとめています♪

関連記事:肉割れを消したい!肉割れの原因と治す方法