激しい運動は肉割れの原因!運動で気をつける点と肉割れケアをご紹介します

運動の肉割れの例

「運動してたら、赤い線が…。」
「どんどん悪化していくの…?」

運動が原因の肉割れ。数年前は美容クリニックでの治療がメインで、約30万円ほどでケアをしていました…。

しかし、肉割れ専門クリームなら10分の1の値段でケアが可能です!

まずは運動で肉割れができる理由を見てみましょう♪

運動が肉割れになる理由

運動で肉割れになる場合、以下の理由であることが多いです。

運動で肉割れになる2つの理由
  1. 運動をすることで、急激に筋肉がついたしまった
  2. 激しい運動によって、体に強い刺激を与えてしまった

なぜ、筋肉がつくこと&強い刺激を与えると肉割れになるのでしょうか?その原因を見ていきます。

肉割れは、皮膚が裂けてしまう現象

肉割れができる仕組み

肉割れは「体積が増えて皮膚がひっぱられる」→「柔軟性が低い真皮(しんぴ)が耐えきれず裂けてしまう」という現象です。

筋肉がつくことで体が大きくなる&体に強い刺激を与えることで、皮膚が裂けてしまうのが運動の肉割れです。

肉割れは、自然に治らない

肉割れはターンオーバーでは治らない

切り傷などであれば、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーによって自然に治癒します。

しかし、真皮はターンオーバーがないので、非常に治りにくいんです…。

肉割れは「コラーゲンの生成」が重要

真皮(しんぴ)は70%がコラーゲンで出来ています。

つまり、真皮のキズである肉割れにはコラーゲンの生成が重要です。

コラーゲンを生成する代表的な成分
  • ビタミンC誘導体
  • FGF様成分

実はこの両方の成分が入った肉割れケア専用の商品があります。

運動にオススメの肉割れクリーム:NOCOR

肉割れ予防&ケアで日本で1番有名な商品がNOCOR(ノコア)です。

NOCORにはオイルクリームの2種類の商品があります。

オイルには「ビタミンC誘導体」が入っており、クリームには「FGF様成分」が入っています。

現在、NOCORは特定のページからクリームを購入するとオイルが無料でついてきます。

Amazonや楽天で購入するよりも公式のほうが数千円安く購入できます。

↓↓無料でオイルがついてくる購入ページ↓↓

※NOCORは当サイトの肉割れ専用クリームのおすすめランキングでも1位を獲得しています。

NOCORを使用して肉割れケアを行い、使い始めから1ヶ月程度は激しい運動は控えましょう。ただし、かるいジョギング程度の運動なら問題ありません。

 

ここからは運動の肉割れについて、より詳しい解説していきます。

さらに詳しい「運動」の肉割れの話

激しい運動は肉割れの原因になります

肉割れというと太りすぎや妊娠でお腹や胸が急激に大きくなることでできる妊娠線をイメージする方も多いと思いますが、肉割れは運動することでできることもあるんです。

運動=ダイエットと肉割れがどうつながるのかよく分からないという方もいるでしょう。

ここでは、運動で肉割れができる理由と原因についてみていきたいと思います。

運動の肉割れについて…

できやすいスポーツ

気をつけること

対策

肉割れができる運動(スポーツ)の例

運動で肉割れができる?と疑問に思う方も多いですが、肉割れができるのは太りすぎや妊娠による体型の変化だけではありません。

運動により、筋肉量が急激に増えることでできることがあります。

こういったケースは特に成長期(中学生、高校生)で部活動を始めた方が多く経験しており、成人後にダイエットのために運動を始めた方で肉割れができたということもあるので、決して少ないケースではありません。

ここでは運動で起こる肉割れについて、運動の種類別に見ていきたいと思います。

ランニングでの肉割れができる

運動での肉割れにはふくらはぎに肉割れができたという方も多く、ランニングで肉割れができることもあります。

また、偏平足や浮き指、外反母趾による走り方の癖やO脚、X脚といった足の形によっても走り方に癖ができてしまい、集中的に筋肉の負荷がかかる部位に肉割れができることがあります。

ヨガで肉割れができる

ヨガを始めて肉割れができたという経験をした方もいます。

ヨガは一見激しい運動には見えませんが、実は体のいろんな筋肉を使う運動(エクササイズ)で、今まで運動をしていなかった方が始めると筋肉が急に増えることで肉割れができることもあります。

知恵袋のお悩み

足に出来た肉割れについて

今年からヨガを始めて段々体が引き締まってきたのですが、皮膚が弛んできてしまいました。
特に膝の上が酷くて膝小僧の上に皮膚が乗っかってきました。

そこにさらに肉割れというか、線が出てきています。
体重は変化していませんが細くなってきていますので、脂肪が減って筋肉が増えているんだと思います。

特に太ももやふくらはぎに肉割れができることは多く、運動をして体が引き締まってきたけど太ももやふくらはぎに肉割れができたという方はたくさんいます。

柔軟で肉割れができる

柔軟やストレッチで肉割れができることもあります。

肉割れは皮膚の伸びが追い付かず皮膚内部に亀裂が入ることで起きますが、体の皮膚を伸ばす柔軟やストレッチでは皮膚が乾燥していたり、皮膚に柔軟性がないと肉割れが起こることもあるんですね。

柔軟とは少し異なりますが、同じようなメカニズムでできる肉割れに「身長の伸びによる肉割れ」があります。

このケースでは背中に肉割れができることが多く、特に成長期(中学生・高校生)の男性に多くみられます。

いずれのケースでも、やはり皮膚の乾燥も要因となっているので保湿を心がけると良いでしょう。

自転車で肉割れができる

自転車を趣味にしている方もたくさんいますが、自転車も実はかなり筋肉を使うので肉割れができることがあります。

特に太もも、ふくらはぎ、お尻周りに筋肉がつきやすく、急激に筋肉が増えると肉割れになることがあるんですね。

自転車で運動している方だけでなく、普段の通学や通勤で30分以上自転車を使うといった方も肉割れができることがあります。

中学から高校に進学して自転車通学を始めた、健康のために駅まで自転車を使うようになった、といった方で、気づいたら肉割れができていたということもよくあるので、自転車で肉割れができることは珍しくないんですね。

部活の運動で肉割れができる

10代の中学生、高校生の時期に部活動を始めることで運動量が増え、それと同時に筋肉量が増えることで肉割れができることもあります。

部活動を始めて肉割れができたというのは意外に多くの方が経験していますが、周りでそういったことを聞いたことがないなどの理由から、「見た目が気になる」「自分だけ?」と悩んでいる方がとても多いようです。

10代でできる肉割れについてまとめた記事で詳しくご紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

※「筋トレ時には肉割れに注意!できやすいケース」という記事もまとめています。参考にしてください。

運動時で肉割れで気をつけたいこと

運動で肉割れができることは分かりましたが、運動をしている方がみんな肉割れができるということではありません。

ここでは運動で肉割れができやすいケースについてみていきたいと思います。

急に激しい運動をすると肉割れの原因になる

運動で肉割れができるケースで一番多いのが「運動を始めて急に筋肉が増えた」ということです。

今まで運動をしていなかった方が急に運動を始めることで、筋肉量の増加に皮膚が追い付かず肉割れができることがあるんですね。

運動の種類にもよりますが、特に肉割れができやすい部位には太もも、ふくらはぎ、膝裏に肉割れができたという方が多いです。

運動(スポーツ)で肉割れができるのは肌の乾燥

運動で肉割れができるのは筋肉の増加が一番の原因といわれていますが、その他にもお肌の乾燥が肉割れの要因となっている場合があります。

運動をすることで回数の増えることがあります。

  • 汗をかく
  • シャワーやお風呂に入る回数が増える

これらの行為は肌を乾燥させる原因となります。意外に知られていませんが、シャワーを浴びた後は肌の水分量が急激に減ります。肌を乾燥させてしまうと肉割れが起きやすい状態になってしますので注意しましょう。

足の形、歩き方、走り方の癖で肉割れができる

運動による肉割れは筋肉が急激につくことでできやすいですが、実は足の形や走り方の癖で肉割れができることもあります。

偏平足や浮き指、外反母趾といった足の形が歩くときや走るときに影響することがあり、走るときに負荷が一部分に集中して筋肉が鍛えられ、肉割れができるということがあります。

運動不足で肉割れができることもある

肉割れは運動でできることもありますが、逆に運動不足の場合でも肉割れができることがあります。

運動不足による肉割れの原因にはこういったものがあります。

運動不足で肉割れができる原因
  1. 太りすぎで肉割れができる。
  2. 筋肉量が減少することで起こる皮膚のたるみ。

太りすぎで肉割れができる

運動不足になると太りやすくなり体重が増えていきます。

太りすぎは肉割れの原因となるので、運動不足で肉割れができることはよくあることです。

今まで運動していた方が運動をやめた後、体重が増えて肉割れができたということもあります。

これは19歳~20代前半に経験する方が多く、その理由には高校生までは運動していたけど進学や就職をきっかけに運動をやめ、1~2年ほどして肉割れに気づいたというケースが多いです。

このように肉割れは10代でできることがあるんですね。

年齢と肉割れの関係性についてまとめました
年齢による肉割れはあります!!10代は特に肉割れになりやすいので注意実は年齢による肉割れ(ストレッチマーク)があります。年齢による肉割れの原因や対処法などをご紹介します。...

筋肉量が減少することで起こる皮膚のたるみ

運動不足になると元々ついていた筋肉が減少することで皮膚がたるみ、皮膚表面にしわができることで肉割れの線のように見えることがあります。

このケースでは「肉割れ」というより皮膚表面のしわなので肉割れではありませんが、デコボコとした線ができるので、見た目がどうしても気になるという方が多いようです。

 

これら運動による肉割れへのケア方法をご紹介します。

運動による肉割れのケア方法

運動で肉割れができてしまったという方で何とかしたいとお悩みの方にとっては、できてしまった肉割れをケアする方法が気になりますよね。

一般的に肉割れを消せる方法には大きく分けて2つあります。

肉割れを消す方法
  1. 肉割れ専用クリームを塗る方法(費用:1~3万円)
  2. 美容外科、皮膚科で治療を受ける方法(費用:30万円前後)

こういったことに加えて、運動での肉割れをケアする方法についてここからみていきたいと思います。

運動前に準備運動をして筋肉・皮膚の柔軟性を上げてから始める

運動するときは準備運動をしてから始めることが大切です。

準備運動はこれから運動を始めるために、筋肉の緊張を和らげる意味もありますが、筋肉の柔軟性を上げるとともに皮膚を柔らかくほぐす働きもあります。

肉割れは皮膚の乾燥によってできることが多く、乾燥によって皮膚が硬くなることで皮膚に亀裂が入りやすくなるので、準備運動で皮膚の柔軟性を上げておくと肉割れを予防することができます。

お肌の乾燥は肉割れの元に:トレーニング前後の保湿ケアはしっかりと行う

トレーニング時はトレーニング前後の肉割れ(保湿)ケアが大切です。

トレーニング前の肉割れ(保湿)ケア

運動していると足、お尻周りなどのさまざまな筋肉を使うので、負荷がかかった場所は筋肉が少しずつついていきます。

トレーニング中に負荷がかかりやすいところは皮膚の乾燥していると肉割れができやすくなるので、トレーニング前にしっかり保湿して皮膚を柔らかくしておくと良いでしょう。

トレーニング後の肉割れ(保湿)ケア

また、筋肉の増加による皮膚の伸び具合が一緒についていけば肉割れにはなりませんが、皮膚が乾燥していると筋肉が少し増えただけで肉割れができるなんてこともあります。

運動していると汗をたくさんかきますが、汗を拭いた後のお肌は水分が蒸発しやすく、必要な水分まで蒸発してしまい、これが肌の乾燥の原因となることもあります。

そのまま放置してしまうと肌の水分がどんどん失われ、運動後の肌がつっぱると感じる方も多いかもしれません。

運動での肉割れケアでは肌のつっぱり感に注意

このように汗を拭いた後の肌は水分の蒸発により皮膚の柔軟性が減少し、肌につっぱり感があると肉割れができやすくなることもあります。

トレーニング後、汗を拭いた後やシャワーを浴びた後のお肌はしっかり保湿してお肌の水分を保護してあげましょう。

運動でできる肉割れケアは、トレーニングの前と後に保湿ケアをしておくと効果的です。

トレーニング前後に保湿クリームやオイルなどでしっかり保湿ケアをしておきましょう。

軽い負荷のトレーニングから始めて筋肉量を徐々に増やしていく

ダイエットや健康のために運動をしよう!と張り切って初めから負荷の高い筋トレや長距離のマラソンを始めてしまうこともありますが、急な激しい運動をすることも肉割れの原因となります。

今まで運動をしていなかった方の場合、筋肉量も少なく、皮膚も筋肉量に合わせて伸び縮みしていますが、急に負荷がかかったり筋肉量が増加すると皮膚がついていけず割れてしまうことがあります。

こういったケースは部活動が始まった中高生に多く、10代で肉割れを経験した方には同じような経験をしている方が多いようです。

運動による肉割れを防ぐためにも軽いトレーニングやウォーキングといった筋肉量に応じた運動から始め、急激に激しい運動を行うことは控えるようにしましょう。

軽いトレーニング、おすすめトレーニング法

軽いトレーニングといってどんな方法があるのか手軽にできるトレーニング法を知りたいですよね。

ここではヒップリフト、リバースプッシュアップ、スクワットの3つのトレーニングをご紹介していきます。

1.ヒップリフト

ヒップリフトは仰向けになった姿勢で腰~お尻を引き上げるトレーニングです。

太ももからお尻周りの筋肉が鍛えられます。

ヒップリフト
  1. 仰向けの姿勢で両膝を立てて足を腰幅に開きます。
  2. 両腕を横にまっすぐ伸ばし、手のひらは床に向けます。
  3. お尻をゆっくり引き上げ、膝~肩が一直線になるようにします。
  4. お尻をゆっくり下げていき、床に完全につけない状態で再びお尻を引き上げます。

これを1日20回ほど行うのがめやすですが、無理せずできる回数から少しずつステップアップしていきましょう。

2.リバースプッシュアップ(後ろ向き腕立て伏せ)

リバースプッシュアップはプッシュアップ=腕立て伏せの後ろ向き版といった感じになります。

自宅にあるいすやなどを使ってできるトレーニングで、いすなどに後ろ向きに手をついて、腕を曲げ伸ばしすることで二の腕や背中の筋肉を鍛えるトレーニングです。

リバースプッシュアップ
  1. いすや安定した台などに後ろ向きで両腕をつき、ひじは真っすぐに、足は膝を曲げます。
  2. ひじをまげて腰をゆっくりおろしていきます。
  3. ひじを伸ばして腰をゆっくり元の状態に戻していきます。

10~15回を1セットで1日に3セット行うのがめやすですが、難しい場合はできる回数から少しずつステップアップしていきましょう。

3.スクワット

運動不足に効果的と言われている自宅でもできる簡単なトレーニングがスクワットです。

ヒップアップ、美脚に効果的なだけでなく、全身の筋肉を使うので代謝アップ、お腹周りにも効くので簡単で手軽に始められてダイエットにもおすすめなトレーニングの1つです。

スクワット
  1. 足を肩幅より少し大きく開き、両手を前に伸ばす。
  2. 背中を反らすようにお尻を突き出し、ゆっくり腰を落とす。
    (つま先が膝より前に出ないように気を付ける)
  3. 太ももと床が水平になったらそのままキープ。(約3秒)
  4. ゆっくり元の状態に戻る。

これを1日に15回~20回を3セット行うのがめやすですが、無理せずできる回数から少しずつステップアップしていきましょう。

部活動、自転車通学が始まったら肉割れケアも始める

部活動が始まった、10代で肉割れをケアしたいという方は、筋肉がつきやすい部位(太もも、お尻周り、ふくらはぎ、二の腕など)の保湿ケアを行うと良いでしょう。

先ほどもご紹介したように、運動を始めることで筋肉量が増加し肉割れができることもあります。

肉割れができる原因の1つに皮膚の乾燥があり、乾燥しているとお肌が硬くなりやすく筋肉の増加についていけず皮膚が割れて肉割れに・・・ということもあるんですね。

10代ではこういったことがきっかけで肉割れができることがあります。

  • 自転車通学が始まった。
  • 部活動が始まった。
  • 成長期による体の変化で肉割れができた。 など

太ったわけでもないのに10代で肉割れができた、という経験をしている方は多く、肉割れを予防したい、ケアしたい方は中学生、高校生から肉割れケアを始めることをおすすめします。

10代でできる肉割れについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

年齢と肉割れの関係性についてまとめました
年齢による肉割れはあります!!10代は特に肉割れになりやすいので注意実は年齢による肉割れ(ストレッチマーク)があります。年齢による肉割れの原因や対処法などをご紹介します。...

激しい運動では、足の形・体の癖が肉割れを悪化させるので、気になる場合は形成外科や整骨院で治療する

激しい運動をするほど、偏平足や浮き指、外反母趾といった足の形や走り方の悪い癖が肉割れをさらに悪化させます。

この場合、形成外科や整骨院での治療、矯正が効果的です。

体の一部分に負荷がかかり続けると肉割れを起こしやすくなるので、足の形や歩き方の癖も肉割れケアでは大きく関わっています。

通院と肉割れケアを一緒に行うことで治療、矯正を行いながら肉割れを薄く目立たなくすることができるので良いですね。

偏平足や浮き指、外反母趾といった足の形や走り方が気になる方は、通院だけでなくお肌の保湿、潤いケアもしっかり行っていきましょう。

運動の肉割れQ&A

運動でなぜ肉割れができるのか、運動で肉割れができやすいケースについてご紹介してきましたが、運動で肉割れができたと悩んでいる方はとても多いです。

問い合わせの多かった疑問をQ&A形式でご紹介していきたいと思います。

肉割れしない室内でできる運動を始めたい

運動を始めたいけど肉割れしたくない、外で運動するより室内でできる運動がいい、という方も多いようです。

肉割れは肌の乾燥が関わっているので、まずはお肌の保湿を心がけると良いでしょう。

また室内でできる運動には、

  • ストレッチ
  • 軽い負荷の筋トレ

から始めてみると良いでしょう。

肉割れは筋肉が急に増加することでできますが、筋肉を少しずつゆっくり増やすことで肉割れを予防することが可能です。

肉割れしないで運動したい、筋肉をつけたい場合は、少しずつ時間をかけて筋肉をつけるような運動をすると良いでしょう。

 

肉割れになる他の要因をまとめています。

関連記事:細い人でも注意!肉割れはできます。細い人でも肉割れができる原因をまとめました。【ストレッチマーク】