肉割れ・妊娠線を消すクリーム!おすすめをランキング形式でご紹介♪

肉割れは「真皮(しんぴ)」と呼ばれる、皮膚の深いところの傷です。

肉割れができる仕組み

真皮は70%がコラーゲンで構成されています。

コラーゲン生成をサポートすることで、肉割れは確実に薄くなっていきます。

肉割れケアの例
クリームの例

正しい知識でクリームを選びましょう♪

肉割れにオススメのクリーム

肉割れ専門クリームを選ぶポイントは3つ。

3つのポイント
  1. コラーゲン生成をサポートする成分
  2. 皮膚科医が監修
  3. 返金保証がある

コラーゲン生成をサポートする成分
保湿でごまかされてませんか?肉割れに必要なのはコラーゲンの生成です。

皮膚科医が監修している
ただの化粧品なら問題ありませんが、治したいのは”肉割れ”です。

返金保証がある
商品に自信があるなら、必ず返金保証があります。「肌に合わない」「効果を感じない」をリスク無しで試しましょう。

この3点を基準にランキングでご紹介します。

 NOCOR(ノコア)
他の肉割れクリームよりも高いノコアが日本で一番売れている事実。
ノコアにはコラーゲン生成をサポートする成分が3つも入っています。
確実に、そして安心して肉割れケアをしたい人に人気のクリーム
値段が少し高くなりますが、肉割れをサポートするビタミンC誘導体が入っているオイルのついた浸透セットがおすすめです。
総合評価
コラーゲン成分アセチルデカペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、ビタミンC誘導体
皮膚科の監修あり
返金保証あり
値段2,759円(150g)

詳細ページ公式ページ

 プレマーム
プレマームもコラーゲン生成をサポートする成分が入っています。また、180日間の返金保証が自信の現れで、安心して利用いただけます。「レジストリル」が比較的新しい成分なので、新しいもの好きの人にはおすすめです。
総合評価
コラーゲン成分レジストリル、ビタミンC誘導体
皮膚科の監修なし
返金保証あり
値段1,800円(150g)

詳細ページ公式ページ

バンビママ&ベイビー
バンビママ&ベイビーには、コラーゲン生成を助けるビタミンC誘導体が成分として入っているクリーム。敏感肌にも優しい、妊婦に気を使った商品です。
総合評価
コラーゲン成分ビタミンC誘導体
皮膚科の監修なし
返金保証あり
値段3,840円(200g)

公式ページ

 

ママミー
ママミーにもコラーゲン生成を助けるビタミンC誘導体が成分として入っているクリーム。また、ママミーの特徴は250mlの大容量。お腹周りだけでなく、おっぱいや全身に塗っても減らないところが安心です。

 

総合評価
コラーゲン成分ビタミンC誘導体
皮膚科の監修なし
返金保証あり
値段4,980円(250g)

公式ページ

 

アロベビー フォーマム
アロベビーフォーマムは200mlの大容量の保湿クリームです。香りも柑橘系のネロリの香りで超微香なので気になりません。保湿オンリーのクリームですが、妊娠中の肌トラブルを経験した現役ママチームが開発した商品で特別に掲載しております。
総合評価
コラーゲン成分なし
皮膚科の監修なし
返金保証あり
値段2,980円(200g)

公式ページ

イチオシの肉割れ対策クリーム

値段に負けて安いクリームを購入したけど、保湿効果しかなくて意味なかった」という声をよくいただきます。いろいろクリームを試してみて結果的に高くついた、という人が多いんです。

だからこそ当サイトでは、肉割れ(妊娠線)対策にはNOCOR(ノコア)をおすすめしています。肉割れの原因である真皮(しんぴ)のキズ。その真皮の修復にはコラーゲンの生成が必要になってきます。

NOCOR(ノコア)はコラーゲン生成する成分が複数入っていますので、出来てしまった肉割れにしっかりと向き合いたい人におすすめしたいです。

 NOCOR(ノコア)
肉割れや妊娠線といえばノコアと言われるほど有名なクリームです。
他の商品より高いのに売れているには理由があります。
ノコアはコラーゲン生成をサポートする成分が3つ。
また、スタッフ全員が日本化粧品検定1級を取得しており、サポートも安心できます。
総合評価
コラーゲン成分アセチルデカペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、ビタミンC誘導体
皮膚科の監修あり
返金保証あり
値段2,759円(150g)

詳細ページ公式ページ

 

※ここからは一般的な肉割れクリームの知識についてご紹介します。

肉割れクリームを購入するならどこの通販がお得?

肉割れクリームを購入するなら基本的には公式がお得です。

肉割れクリームは妊娠線予防も含めて2~3ヶ月は使用することを見ておきたいです。つまり単品購入では効果を実感するには足りない可能性があります。2本~3本は想定して購入することが必要です。

そうでなくとも今はAmazonや楽天の手数料が高いので、その分お客さんに還元しようと公式の通販サイトのほうが安い傾向にあります。

具体的に当サイトからも購入したとよくご報告いただくノコアの商品を公式、Amazon、楽天市場の3つの通販サイトで比べてみましょう。

肉割れクリームをAmazonで購入した場合

肉割れクリームのAmazonの販売価格を調べてみた

Amazonで購入した場合

ノコア:1万1470円

肉割れクリームのノコアをAmazonで購入した場合の値段

となりました。全通販サイトの値段の比較は楽天と公式の値段を確認した後にまとめます。

肉割れクリームを楽天市場で購入した場合

肉割れクリームの楽天市場の販売価格を調べてみた

楽天市場で肉割れクリームを購入した場合

ノコア:1万1870円(公式と合わせるためにオイルセットを対象)

肉割れクリームのノコアを楽天市場で購入した場合の値段

となりました。全通販サイトの値段の比較は公式の値段を確認した後にまとめます。

公式サイトの通販での値段

公式の通販サイトで肉割れクリームを購入した場合

ノコア:6980円(2本目以降は10870円)

まとめ

Amazon、楽天、公式通販サイトで3本つづ購入した場合は以下のようになります。

ノコア

Amazon:4万4100円(+送料3回分)
楽天  :3万5610円(+送料3回分)
公式  :2万8720円(送料無料)

このように大手海外通販サイトであるAmazonをふくめ、公式通販サイトが一番安くなります。Amazonや楽天市場が最安値なのはもう昔の時代なんですね…。

肉割れ専用クリームにほしい成分は限られてる

肉割れ(妊娠線)専用クリームは市場にたくさんあります。その中でも当サイトがイチオシするクリームには特徴があります。

コラーゲン生成をサポートする成分が入っているか?です。

肉割れは皮膚の深いところにある真皮(しんぴ)の傷です。真皮は70%がコラーゲンでできているため、真皮の傷にはコラーゲン生成が重要です。

では、コラーゲン生成をサポートするものにはどんなものがあるのでしょうか?いくつかご紹介していきたいます。

FGF(EGFではなく、”F”GF)

FGFとは線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし)の略称です。紛らわしいですが、EGFとは上皮成長因子(じょうひせいちょういん)で”F”GFとは違うものです。

FGFは簡単にいうと「真皮でコラーゲンを生み出す「線維芽細胞」を活性化させ、コラーゲン生成を促進する」働きをします。

美容整形では、シワを改善するために注射をうつことが多いです。最近では注射でFGFを打つことが主流となっています。シワは真皮層のコラーゲンが不足することによってできます。FGFを打つことによってコラーゲンを生成をサポートし、シワを改善させます。(実際にFGF注射を売っている例「ベル美容外科クリニック」)

肉割れ治療の目的も真皮にできた傷をコラーゲン生成をサポートすることによって限りなく目立たなくすることです。なので、FGFは肉割れの改善にも役に立ちます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は肉割れに期待できる

レモンで有名なビタミンC。ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする働きが昔から認められています。

しかし、ビタミンCは水によく溶ける不安定な分子で、皮膚の角質層で弾かれてしまいます。角質層のさらに深いところにある真皮までは残念ながら浸透しません。

そこで改良されたのが「ビタミンC誘導体」になります。ビタミンCをブドウ糖と結合することで水に強くしました。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分として、現在では世界中の化粧品メーカーに活用されています。(ビタミンC誘導体を開発したのは日本が誇る化粧品メーカーの資生堂です。)

ビタミンC誘導体によって、真皮の傷である肉割れの患部まで届き、コラーゲン生成をサポートすることによって改善を期待できます。

レジストリル

レジストリルとは、ライマメ種子エキス・ルチン・マトリカインといった成分を組み合わせて作ったものになります。他の肉割れをケアに期待できる成分とは違って、いくつかの成分を組み合わせてできた比較的新しいものになります。

ただし、レジストリルを構成しているマトリカインという成分は昔から抗シワへの対策に使われてきた実績があります。シワの改善は肉割れケアと同じく、真皮層でのコラーゲンの生成になります。

実際にレジストリルには、肉割れに改善があったといういくつかのデータが存在します。肉割れ専用クリームにもよく使われている主力成分といえます。

肉割れ専用クリームにほしい成分は限られてる まとめ

肉割れケアに重要な成分は限られています。

肉割れケアをしたいなら、肉割れに期待できる成分の入っているクリームを選びましょう。

「値段が安い」商品は肉割れケアに重要な成分が入っていないかもしれません。

賢いお買い物を心がけたいですね♪

逆にクリームに入っていても肉割れに期待できない成分

肉割れに期待できない成分とは、「FGF」「ビタミンC誘導体」「レジストリル」以外の成分です。

保湿したり、ターンオーバーを促進したり、皮膚の表面をよくする成分がこれにあたります。保湿やターンオーバーは肌にとっては大切なのですが、肉割れをケアするには関係のない成分です。

アラントイン

アラントインは19世紀に羊の羊膜から発見された成分です。身近なもので言えばリップクリームなどに配合されているもので、肌の表面の修復を活性化させる作用があります。

ここから分かるようにアラントインは真皮のコラーゲンを生成する力はありません。あくまで肌荒れやニキビなどに効果があると言われているものです。

もちろん、皮膚には良いものであることに間違いはありません。皮膚を良い状態に保つことは間接的に肉割れケアに悪いことではないので、そういう意味で使用する分には良いかもしれません。

シラノール誘導体

シラノール誘導体は、いろいろなスキンケア商品に入っている成分です。

シラノール誘導体自体が何か特別な効果をもっているわけではありません。シラノール誘導体にはケイ素が含まれており、そのケイ素がいろいろな働きをしてくれます。ケイ素は根菜類などに含まれており、カルシウムなどと同じく人が生きるためには必要なものです。

組織の結合を強めてくれるという働きがあり、コラーゲンを強くしてくれるといわれています。しかし、コラーゲンを生成する働きがあるわけではないので、肉割れに効くか?というと少し疑問が残ります。

ただし、アラントインと同じく肌には良いものであることに間違いはないので、使っている肉割れケア商品に入っている分には良い成分と思っていただいて大丈夫です。

葉酸

「肉割れクリームに葉酸が入っていると良いと聞いたのですが…。」という問い合わせがありました。

しかし、葉酸自体に肉割れケアをサポートする効果は調べてもありませんでした。

葉酸は妊婦に必須な栄養素である葉酸です。葉酸自体の効能には貧血予防や動脈硬化予防などがあります。また、細胞の生成をサポーする役割はあるのですが、葉酸の不足は粘膜に影響がでると言われています。

ここから分かるように間接的には効果のあるように見えますが、肉割れケアのために葉酸を取り入れることには疑問です。また、塗ることで効果があるのかは更に不明です。

コラーゲン生成をサポーする成分がこれだけはっきりしている中、葉酸を塗る選択肢はありません。

クリームに入っていても期待できない成分 まとめ

コラーゲンの生成をサポートする成分を真皮層に届けるには表面の皮膚の調子も大切です。そういう意味では、価値のある成分も中にはあることは間違いありません。

しかし、これだけしか入っていない商品に肉割れケアへの期待ができるかというと、当サイトとしては少し疑問が残ります。

こういった知識をもって、肉割れに期待できるクリームを選んでみてくださいね♪

有効成分以外で肉割れクリームを選ぶポイントを探してみました

肉割れクリームを選ぶ基準

肉割れクリームを選ぶときに大切なのは”有効成分”が入っているかどうかです。

しかし、最近は肉割れクリームも豊富に出てきています。

そこで有効成分以外に肉割れクリームに重要なポイントを考察してみました。

浸透力の高い肉割れクリームか?

肉割れに成分が届きやすいものは、より高い効果を期待できることはイメージできますよね。浸透力を高めるためにメーカーは日々、工夫しています。

例えば、「ビタミンC誘導体」という成分があります。「ビタミンC誘導体」自体は珍しいわけではなく、当サイトがおすすめしているクリームのうち、4つにビタミンC誘導体が入っています。

例えば、当サイトがおすすめしているNOCOR(ノコア)という商品には工夫があります。

ノコアにはビタミンC誘導体が2種類入っている。

ノコアは水溶性と油溶性の2種類のビタミンC誘導体が配合されています。こういった2種類のビタミンC誘導体を配合することで、より確実に届くように工夫がされているわけです。※この工夫がされているのはノコアだけです。

重要な成分がより届きやすくしている工夫があるかはポイントが高いですね♪

保湿成分が入っている肉割れクリームか?

肉割れは保湿だけしても治りません。これは繰り返しお伝えしていると思います。

しかし、表面の皮膚が荒れている状態であれば、成分が深くまで届きにくいのは間違いありません。

そのため肉割れケアと一緒に皮膚の表面の調子を整えてくれるのはポイントが高いです。保湿に関しては、クリームよりもオイルが強いです。オイルは皮膚の水分の蒸発を抑えてくれる効果があるからです。

ちなみにNOCOR(ノコア)のクリームを購入すると、ビタミンC誘導体が配合された肉割れ専用オイルが無料でついてきます。ここまでくると、なぜ当サイトがあえて一番高いノコアをおすすめしているのか?がわかっていただけると思います。

↓↓無料でオイルがついてくる購入ページ↓↓

妊娠しているなら低刺激の肉割れクリーム

肉割れに一番なりやすいのは妊娠している妊婦さんです。

これから生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、無添加であることは必須です。また、肉割れクリームは2~3ヶ月使い続ける必要があるため、匂いのきつかったりする肉割れクリームだと辛い思いをします。

これらを踏まえて

  1. 無添加であること
  2. 香りにも気を使っていること

の2つを基準に各商品を見てみてください。迷っている場合に決め手となるかもしれません。

肉割れクリームのQ&A

肉割れクリームのQ&Aをご紹介していきます

肉割れアフタークリームがあるけど何が違うの?

A.成分に違いはありません。ただ、香りを変えていることがあります。

肉割れは出来てしまってから対処するのが基本です。ただし、妊娠時にお腹が膨れ上がってしまうことで肉割れが高確率で出来ます(これを妊娠線と呼びます)。なので、妊婦さんの中には肉割れができることを嫌がって、予防のために肉割れ専門を塗る人がいます。

最近では「妊娠線予防クリーム」という予防をするための専用クリームも出てきています。妊娠線予防クリームがメジャーになってきたので、肉割れが出来たあとに塗り肉割れクリームのことを「アフタークリーム」と呼ぶようになりました。

妊娠線予防クリームもアフタークリームもコラーゲン生成をサポートする成分が入っているので、効果という意味では基本的には違いはありません。

しかし、妊娠線予防クリームを使うのは妊婦が多いです。妊婦はつわりも含めて匂いに敏感な時期があります。なので妊娠線予防クリームは匂いを気にした商品が多い傾向になります。最終的には好みになりますので、いろいろ試してみるのが良いでしょう。

Q.肉割れクリームの後にラップを巻くと効果が上がる?

 

A.クリームを塗った肌にラップを巻いても効果はあがりません。やめましょう。

一時期SNSで話題になりました。いわゆる保湿の効果をあげるのに、水分が蒸発しないようにラップを巻いたらいいのでは?という実験をした人がいました。

そもそも肉割れケアに保湿はたいした効果はありません。なので保湿の効果をあげるということ自体が少しズレています。また、皮膚の水分という意味では毛穴から蒸発した時点で水分は失われています。ラップを巻いたといても、毛穴から蒸発した水分がラップの表面に溜まるだけという悲しい結末になります。

もし、保湿の効果をあげたいのであればオイル(油)を肌に塗ると良いです。毛穴から水分が蒸発してしまうのを防いでくれます。ただ、あまり肉割れとは関係のない話なのでここでは割愛します。

Q.肉割れはクリームとオイルのどっちが効果ある?

A.効果が期待できる商品が多いのはクリームです。

実は肉割れに効果のあるオイルはほとんどありません。なぜなら肌に塗るオイルは乾燥防止を目的としたものだからです。

肉割れは皮膚の深いところにある真皮(しんぴ)が裂けてしまう現象です。肉割れを修復するにはコラーゲンの生成が必要になります。

肉割れ専門のクリームには真皮のコラーゲン生成をサポートする商品がいくかあります。しかし、オイルはあくまでただ油なのでそういった成分が入っている商品はありません。また、オイルは皮膚の表面を覆うものなので皮膚の深い層である真皮に届くことはありません。

当サイトでも肉割れに効果のある成分の入ったオイルをかなりの時間を使って探しましたが見つかりませんでした。

ただのオイルで肉割れは治りません
【注意】ただのオイルに肉割れの効果はありません!しかし、普通のオイルに肉割れは期待できません。正しい肉割れオイルの選び方、そしておすすめをランキングでご紹介してます。オイルを正しく選べば肉割れ(ストレッチマーク・妊婦線)に十分期待できます。...

肉割れの対策をしたいのであれば、クリームで間違いありません。

Q.ニベアクリームって肉割れに効果ある?

A.ニベアクリームに肉割れの効果はありません。

ニベアクリームは花王が販売しているロングセラー商品です。ニベアクリームは保湿クリームであり、人気も評判も非常に高いです。

皮膚の表面上のキズであれば、皮膚の入れ替わりで自然と治ります。この場合、皮膚を保湿し、調子を整えてることで皮膚の入れ替わりを促進することで治ります。

しかし、肉割れは乾燥が原因ではなく、皮膚の深いところにある真皮(しんぴ)が裂けてしまうことによる現象です。この真皮は皮膚の入れ替わりが行われている層のさらに深いところにあります。つまり、皮膚の入れ替わりによる自然治癒は望めません。

Yahoo知恵袋

肉割れは、ニベアで消せるって本当ですか?

今でもニベアクリームが肉割れに効くと期待して利用する人が後を絶ちません。ニベアクリーム自体は素晴らしい商品です。ただ肉割れを目的として使用しても期待する効果は望めませんので、肉割れ専門のクリームを使用するようにしましょう。

肉割れに赤みがあるときニベアは効果的?

赤みを帯びた肉割れは比較的できて間もない肉割れといわれていますが、できて時間が経っていないならニベアクリームなどの市販の保湿クリームでケアできる?と思う方も多いようですね。

ニベアクリームは保湿力の高さから「肉割れケアに向いている?」と思われがちですが、実際は肉割れの予防に使うことはできても、アフターケアにはあまり向いていません。

肉割れケアには真皮層ケアに必要な成分が必要

肉割れは皮膚の深い部分にある真皮層にキズが入ることでできるので、真皮層のケアに必要なコラーゲンやお肌のハリ・弾力を高める葉酸などの成分が必要です。

ニベアクリームにはこういった成分は含まれていないので、肉割れケアにはやはり専用クリームがおすすめということなんですね。

 

Q.ザーネクリームって肉割れに効果ある?

ザーネクリームは肉割れに効果はありません。

A.ザーネクリームに肉割れの効果はありません。

ザーネクリームは大手製薬会社のエーザイが販売しているセルフケアクリームです。昔からのロングセラー商品で、全身のお手入れに利用できる愛され商品です。

しかし、ザーネクリームは角質層までとうたっているように皮膚の表面のケアがメインです。肉割れは皮膚の深い部分である真皮(しんぴ)の傷なので、ケアする範囲が違います。もちろん、角質層のケアも生活するうえで大切なものですが、肉割れのために使用すると効果がなくてがっかりしてしまいます。なんでも使い分けが大切ですね。

Q.ユースキンって肉割れに効果ある?

ユースキンは肉割れに効果なし

A.ユースキンに肉割れの効果はありません。

ユースキン製薬から販売されているハンドクリームになります。ひびやあかぎれに期待できることから、「肉割れにも?」と考えてしまうかも知れません。しかし、肉割れは表面上の保湿では治ることはありません。

ユースキン自体はすごく優秀なハンドクリームになりますが、肉割れへのケアを期待するのであれば専門のクリームを使用しましょう。

Q.尿素クリームって肉割れに効果ある?

A.尿素クリームに肉割れの効果はありません。

保湿力の高さから尿素クリームを肉割れケアに使える?と思う方も多いですね。

尿素クリームはお肌の保湿にはおすすめですが肉割れケアに特化したクリームではないので、肉割れケアには専用クリームを使うのが効果的です。

肉割れ専用クリームには尿素クリームのようにたっぷりの保湿成分が含まれているだけでなく、コラーゲン生成に必要な成分やお肌のハリ・弾力を高める葉酸などの成分が含まれています。

肉割れをケアしたい、肉割れを薄く目立たなくしたいという方には専用クリーム方が効率よく肉割れをケアできるのでおすすめです。

Q.肉割れに効くサプリってある?

肉割れに効くサプリメントはありません。

A.肉割れに効くというサプリ(飲み薬)はありません。

美容外科による肉割れ治療もクリームによるケアでも、皮膚のコラーゲン生成を促進させることによって、傷を限りなく目立たなくさせる方法になります。それには皮膚に直接働きかける方法が効果的であることはイメージできるかと思います。

この自己修復というのは体が健康であることが前提なので、体の健康をサポートするサプリが間接的に効果があるということ言えるかもしれません。しかし、切り傷ができてしまったときに「キレイな水を飲んで体を健康にすることで早く治そう」とはならないはずです。「消毒をして、絆創膏を貼って早く治そう」というのは普通です。肉割れも同じようにあえてサプリで治すことに意味はないと言えます。

まとめ

肉割れに効果のある成分は限られています。

肉割れ専門クリームを選ぶなら、コラーゲン生成をサポートする成分が入っているものがオススメです。

肉割れや妊娠線のクリームを選ぶ場合には、紹介した成分が入っているか?をチェックしてみてください。保湿だけでは肉割れケアは不十分です。