背中にもできる肉割れ!傷との違いや原因を紹介します!

背中の肉割れの例

「え??背中に肉割れってできるの??」
「背中の肉割れ治したい…。」

背中にもできる肉割れ。数年前は美容クリニックでの治療がメインで、約30万円の費用がかかりました…。

しかし、肉割れ専門クリームなら10分の1の値段でケアが可能です!

まずは背中に肉割れができる理由を見てみましょう♪

背中が肉割れになる理由

背中が肉割れになる場合、以下が理由であることが多いです。

背中が肉割れになる2つの理由
  1. 姿勢が悪く、猫背になっていることが多い。
  2. 運動や筋肉トレーニングを行い、体が大きくなった。

なぜ、猫背&体が大きくなると肉割れになるのでしょうか?その原因を見ていきます。

肉割れは、皮膚が裂けてしまう現象

肉割れができる仕組み

肉割れは「皮膚がひっぱられる」→「柔軟性が低い真皮(しんぴ)が耐えきれず裂けてしまう」という現象です。

猫背&体が大きくなることで皮膚が引っ張られ、裂けてしまうのが背中の肉割れです。

肉割れは、自然に治らない

肉割れはターンオーバーでは治らない

切り傷などであれば、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーによって自然に治癒します。

しかし、真皮はターンオーバーがありません。

真皮のキズである肉割れは非常に治りにくいんです…。

肉割れは「コラーゲンの生成」が重要

真皮(しんぴ)は70%がコラーゲンで出来ています。

つまり、真皮のキズである肉割れにはコラーゲンの生成が重要です。

コラーゲンを生成する代表的な成分
  • ビタミンC誘導体
  • FGF様成分

実はこの両方の成分が入った肉割れケア専用の商品があります。

背中にオススメの肉割れ専用クリーム:NOCOR(ノコア)

肉割れ予防&ケアで日本で1番有名な商品がNOCOR(ノコア)です。

NOCORにはオイルクリームの2種類の商品があります。

オイルには「ビタミンC誘導体」が入っており、クリームには「FGF様成分」が入っています。

現在、NOCORは特定のページからクリームを購入するとオイルが無料でついてきます。

Amazonや楽天で購入するよりも公式のほうが数千円安く購入できます。

↓↓無料でオイルがついてくる購入ページ↓↓

※NOCORは当サイトの肉割れ専用クリームのおすすめランキングでも1位を獲得しています。

NOCORを使用して肉割れケアを行い、使い始めから1ヶ月程度は激しい運動や筋トレは控えましょう。また、猫背で背中を伸ばさないようにすることも重要です!

 

ここからは背中の肉割れについて、より詳しい解説していきます。

詳しい背中の肉割れの話

背中の肉割れの原因や対策などを画像つきでご紹介します。

ふと気づいた背中の傷。

赤い細かい線ができていたり、背中にピリピリとした痛みがあったり、、

それ、傷ではなくて【肉割れ(ストレッチマーク)】かも。

肉割れってお腹や太もものイメージが強いですが、実は背中にもできるんです!

背中の肉割れについて原因やケアについて徹底調査しました!

背中の肉割れについて…

症状(画像)

原因

対策

背中の肉割れの症状や体験談をご紹介

背中の肉割れ、あまり聞いたことがないですよね。

実際見たことがないと、肉割れなのか傷なのか、自分では判断できないですし、痛みもない場合はすぐに病院に行くのも面倒です。

まずは背中の肉割れがどんなものなのか調べてみました!

背中の肉割れの写真

背中の肉割れの写真を調べてみたところ、2つのタイプがあるようです。

背中の白い線の肉割れ

凹凸のあまりない白い細かい線がたくさん入っています。

良く見るとピリピリと裂けたような線になっているのが特徴です。

赤い線の肉割れよりも傷っぽさがないので気付きにくい、また皮膚が薄い人や肌の明るい人は白い肉割れはやや目立ちにくいです。

そのため、上記のようにはっきり線が出ている場合と、薄く細かい線が入っている場合があります。

背中の赤い線の肉割れ

赤い凹凸のない線や、へこみのような線がたくさんできています。一本一本は短かったり、線の濃さはバラバラなので人によって症状は異なるようですね。

一見傷やアザのようですが、触れても痛みがなく、時間が経過しても薄くならない場合は肉割れの可能性が高いです。

また線が入っている所も背骨の脇や腰部分など様々です。

背中に肉割れが出来た人の声(体験談)

過去に背中の肉割れに悩んだ人の声を集めてきました。あなただけではなく、同じように悩んでいる人はたくさんいることを知っていただきたいです。

成長期の背中の肉割れ

背中にすじができているのですが、何かの病気なのか、肉割れなのかわかりません。

背中に肉割れはできるのでしょうか?

見た目はミミズ腫れのようで、白い線です。痛みやかゆみなどは全く無いです。

今高校生なのですが身長が伸びたことにも関係しますか?

成長期に背中に肉割れができているのを見つけたとのこと。

中学生~高校生くらいにかけて、男性も女性も人によって身長が大きく変化します。

身長の伸びや体格が大きく変化した場合に、背中にも肉割れができることがあるようです。

 

スポーツや運動、筋トレをする人の背中の肉割れ

筋トレ(ウェイトトレーニング)でジムに通いだしてから、背中に細かい傷ができました。

細くて赤い線が背骨の横に地面と平行に複数できています。

痛みはなくて、肉割れのようですが、ダイエット目的でジムに通っているわけでもなく、特に太ったり痩せたりはしていません。

なぜ肉割れができているのでしょうか。

筋トレを始めてから肉割れができたという人です。

太ったり痩せたりしていなくても、急激な筋肉量の増加で体型は変化します。

背筋をトレーニングする場合、背中の筋肉量が急激に増えることで肉割れが起こることがあるようです。

 

急に太った(痩せた)人の背中の肉割れ

最近ダイエットに成功したのですが、気づいたら背中に細かい線がたくさんできていました。

肉割れの肉割れは聞いたことがなかったのですが、背中にもできることはあるのでしょうか。

急激な体重増加だけでなくダイエット(減量)した場合も背中の肉割れが起こることがあるようです。

体重の増減によって急に体型が変化した場合に背中に肉割れができるようですね。

 

原因がわからない人の背中の肉割れ

背中に肉割れのような線ができているのを見つけました。

特に大幅な体重の増減もなく、妊娠経験もありません。

普段運動もあまりせず、通勤時に歩く位ですが、ヒールなので運動代わりに長距離歩くことはしていません。

なぜ肉割れが起きてしまったのでしょうか。

特に体重や筋肉量が変わったわけでもないのに背中に肉割れができていたとのこと。

この場合、普段の姿勢が関係することがあるようです。

ヒールで歩くことが多い場合、歩いているときも綺麗な姿勢で歩けていないこともあります。

そのような場合にも背中の肉割れができることがあります。

背中の肉割れの原因を調べてみました

私たちの皮膚は【表皮・真皮・皮下組織】の3つの層になっています。

一番表面にある「表皮」は柔軟性があるのですが、その下の「真皮」は柔軟性がありません。そのため、皮膚が伸びていく力に耐えられなくなったときに「真皮」の部分が断裂してしまい、【肉割れ】となってしまいます。

肉割れができる仕組み

赤い肉割れは、肉割れが起きた事で皮膚の下にある毛細血管の色が透けているためです。

背中の肉割れの原因①:成長期

成長期に背中に肉割れができる原因としては

  • 短期間に身長が伸びる
  • 授業やクラブ活動での運動による筋肉の急増
  • 栄養不足によって肌のバリア機能が衰えている

といったことが考えられます。

身長の変化はホルモンなども関係するため、身長が伸びたら肉割れが必ず起こるということではなく、身長の伸び方が大きかったり短期間に身長が伸びたりという場合に、肉割れが起こることがあります。

思春期は肌の新陳代謝機能も活発なため、ケアをすれば目立ちにくくなるともいわれています。

背中の肉割れの原因②:過度な背筋のトレーニング

背中には大きな筋肉が複数あり、筋トレやスポーツでは非常に筋肉のつきやすい場所です。

引用元:背中の筋トレ:背中の広がり・厚みを出すトレーニングはコレをやれ!

僧帽筋・広背筋・脊柱起立筋のトレーニングをしている場合は要注意!

背中の筋肉は大きく分けて、肩から背中の中心に書けて広がる僧帽筋と、わき腹に広がる広背筋、背骨に沿って深部で体を支える脊柱起立筋の3つがあります。

背筋をトレーニングで中心に鍛えられている場合、短期や過度なトレーニングが原因で背中の筋肉が急激に発達し、肉割れを起こす原因になる可能性があるのです。

背中の肉割れの原因③:姿勢が悪い

特に体型に変化がないのに、肉割れのような線が入っている場合は【姿勢】が関係しています。

猫背や前傾姿勢になった時に、背中の皮膚がピンっと張った感じがしませんか?実はこの時、背中の皮膚は背骨を中心に左右に引っ張られている状態になっているんです。

正しくない姿勢で過ごす時間が増えると、必然的に背中の皮膚がピンと張った状態も続きます。皮膚がその体勢に耐えられなくなると肉割れが起きてしまうんです。

そのため、特に大きな体型変化がなくても背中に肉割れができることがあるんですね。

PC作業などデスクワークの時間が長い人、ヒールを履く機会が多い人、腹筋背筋など筋肉の少ない人は、猫背や前傾姿勢になりやすいと言われているので背中に肉割れができていた場合は普段の姿勢も見直してみましょう。

背中の肉割れの原因⑤:背中はお手入れをしにくい場所

肉割れは真皮の断裂です。お肌が乾燥していると、柔軟性がなくなり肉割れを起こしやすい状態になってしまいます。

お風呂上りなどは特にお肌の水分が失われ、乾燥しやすい状態。

化粧水やボディクリームなどでケアしようと思っても背中はなかなか手が届きにくいですよね。

そのため、背中はお肌の乾燥が進みやすく、肉割れを起こしやすい部位と言われています。

背中の肉割れの原因⑥:お風呂でゴシゴシ洗いすぎるのも危険!

お風呂で体を洗う時、目の粗いスポンジやタオルでゴシゴシと擦っていませんか?

手の届きやすい部位は力の加減がしやすいですが、背中はどうしても手が届きにくいので、ナイロンのタオルなどでゴシゴシと擦ってしまいがちですよね。

実はこれ、お肌を傷つける洗い方なんです。

お肌には元々肌を守る皮脂膜というものがあるのですが、強く擦り洗いすることで必要以上に皮脂が取れてしまい、お肌にダメージを与えてしまい、肉割れが起きやすい肌状態になってしまいます。

背中の肉割れは男性にも多い?

肉割れというとお腹や胸、太ももなど脂肪の多いところにできるイメージ、また妊娠線のイメージがありますよね。

でも肉割れは女性だけでなく男性にもできるもの。

特に背中の肉割れは男性にも多いと言われています。

女性からも人気の背筋はトレーニング率も上昇中

実は背筋は、女性が好きな男性の筋肉2位!

腹筋よりもたくましい背中が好きという女性が多いようです。

【男女600人に聞いた】男性が鍛えたい筋肉と女性が見ている筋肉に大きなズレ|Junichi Kishimoto / 記者のプレスリリース

最近の筋トレの流行では腕や腹筋などのスタンダードな筋トレに加えて背筋のトレーニングをする男性も増えているとのこと。

女性のトレーニングではあまり重視しない部位ですが、男性はたくましい背中・広い背中に憧れてトレーニングされることも多いようです。

だからこそ、背中の肉割れは男性に多いともいわれているんですね。

腰痛持ちの人は背中に肉割れができやすい?

慢性的な腰痛持ちの方は体重や筋肉量の増減が無くても、肉割れができてしまう可能性があります。

腰痛の原因には様々ありますが、

などが挙げられます。

腰痛の原因になっているものは背中の肉割れにも繋がりやすい

猫背や前傾姿勢になった時に、背中の皮膚がピンっと張った感じがしませんか?実はこの時、背中の皮膚は背骨を中心に左右に引っ張られている状態になっているんです。

正しくない姿勢で過ごす時間が増えると、必然的に背中の皮膚がピンと張った状態も続きます。皮膚がその体勢に耐えられなくなると肉割れが起きてしまうんです。

また長時間同じ姿勢を続けることで、骨格にゆがみが生じ、歩く時や立っている時の重心がくずれて腰や背中に無駄な負担がかかることで不要な筋肉が発達したりする可能性もあります。そこから肉割れが発生してしまう・・・なんてこともあるんですね。

重い物を持つことも同様で、運んでいる時の体勢、重い物を持ち上げる時への背中や腰への負担が重なることで筋肉の発達や皮膚の伸びに影響する可能性が高いんです。重い物を持つ習慣のある場合は普段の歩き方にも影響が出ていることも多いです。

■こんな姿勢は要注意

画像引用元:その腰痛・肩こり・膝痛… 「悪い歩き方」が原因かも|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

腰痛持ちの場合は、その原因を改善することで背中に肉割れができるのを防ぐこともできます。背中に肉割れができていた場合は普段の姿勢も見直してみましょう。

 

※その他一般的な肉割れの原因については下記の記事でまとめています。

関連記事:肉割れを消したい!肉割れの原因と治す方法

背中の肉割れの対処法はあるの?

背中の肉割れへのケア方法は一般的な肉割れ対策と同じです。

肉割れを消す方法
  1. 肉割れ専用クリームを塗る方法(費用:5千円~3万円)
  2. 美容外科、皮膚科で治療を受ける方法(費用:30万円前後)

※青い文字をタップすると詳しい解説が見れます。

くわえて、背中の肉割れに特有対策として姿勢矯正や背中専用のケアグッズの使用があります。

姿勢矯正はなぜ肉割れにお勧めなの?

肉割れの原因で共通しているのは【皮膚が伸び切れなくなった時に断裂する】こと。

猫背や前傾姿勢が長時間続くことで肉割れができやすくなります。

姿勢矯正をすることで、背中の皮膚が引っ張られることがなくなり、肉割れのリスクを減らすことができるんです♪

姿勢矯正には以下のような方法があるので、自分に合ったものを試してみましょう。

  • 整体に通う
  • 姿勢矯正のベルトやサポーターを使う
  • のクッションを使う
  • 補正下着を使う

背中専用のケアグッズはなぜ肉割れにお勧めなの?

背中の肉割れは【真皮層の断裂】が原因ですが、お肌がダメージを受けて乾燥した状態だと肉割れが起こりやすくなってしまいます。

背中は、他の部位に比べてお手入れがしにくい場所。

だからこそ、専用のケアグッズを使うことで肉割れ対策にもつながります。

背中専用のケアグッズ①:背中専用ウォッシュブラシ

身体を洗う時、背中に手が回らないからと長いタオルで左右にゴシゴシする洗い方をしていると、お肌がダメージを受けて肉割れが起きやすい状態になってしまいます。

背中専用のウォッシュブラシは軽くこするだけで背中の汚れを落とすことができ、また持ち手が長いので、背中全体に行き届き綺麗に洗い上げてくれます。

本来、体を洗う時は手で洗うくらいでちょうど良いともいわれています。ナイロン製の硬いタオルなどでゴシゴシ洗っている場合は、柔らかめのタオルや背中専用のウォッシュブラシを使うことで背中の肌のダメージを防ぎ、肉割れの起きにくいお肌を保つことができます。

背中専用のケアグッズ②:背中専用パッティングスポンジ

背中はスキンケアなどもしにくい場所。化粧水やクリームも手が届かなくて塗りにくいですよね。

背中専用のパッティングスポンジは背中全体に届くように長い持ち手が特徴。持ち手の先のスポンジに化粧水やクリームなどを含ませて背中全体にパッティングすることで簡単にケアができます。

背中のケアをしっかりしてあげることで、肌の水分バランスが整い、肉割れを起こしにくいお肌を保つことができるんです。

 

また、肉割れは色々なところにできます。「こんなところにも出来たけど、肉割れなの?」と疑問をお持ちの方は下記で解説しています。

肉割れができる場所
肉割れができる場所まとめ!肉割れができる場所はほぼ全身になります。どこにできるのか、どういう肉割れの仕方をするのか、ご紹介していきます。...